So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

脳力トレーナー(セガトイズ) [玩具]

以前から名門として知られていた東北大学工学部ですが、
川島教授および、いわゆる脳トレで更に有名になったのは間違いないでしょう。

そんな脳トレブームも
DSで出た任天堂の『脳を鍛える大人のDSトレーニング』が
本体を牽引するほどの大ブレイクを果たしたことから、
それが第一に思い浮かぶ方が多いと思われます。

まずドリル形式の書籍がヒットを飛ばし、
それを経てゲームにやってきたというのが
本当のところです。

brain1.JPG

書店でコーナーが出来たくらいなので
ドリルを覚えている方は少なからず居るでしょう。
ですが
DSでブームを巻き起こす以前に
セガ(トイズ)から脳トレ系ゲームが出ていたことを知る人は
ほとんど居ないのではないかと思われます。

brain2.JPG
(閉じた雰囲気は書籍風)

残念ながらゲーム史には残りそうもないですけれど、
おもちゃとしては結構なヒットを飛ばしたのが
この『脳力トレーナー』です。

brain3.JPG
(開けてみたところ)

蓋付きの分厚い電卓といった出で立ちの本作は、
電卓っぽい見た目が示すように
数字系のトレーニングだけが収録されており、
メインは計算100問、
加えて
1~120までの数字を声に出して数え
終了したらストップキーを押すという
実にアナログなカウンティングテスト、
直前と三個前の数字をひたすら足し続けるチャレンジテスト、
いっぺんに表示される30個の数字を暗記して答えるメモリーテスト、
この四つが収録されています。

brain5.JPG
(割り算以外の単純計算ばかりだが中には穴埋めも)

パッケージに(東北大だからか)伊達政宗のような兜をかぶった脳が描かれているように
悩める脳民を100人救え!(計算100問のこと)とか
計算終了後の演出で馬に乗った武者が表示されるなど、
戦国時代風を意識した感じはあるのですけれど、
ストーリーはおろか
他には全くそういう気配が感じられず、
ただの謎演出にとどまっていたのが実に中途半端でした。

brain8.JPG
(謎演出)

ただ
成績によって一輪の花がアニメ表示され
何分咲きのように判定されるのは、
後のDS版同様モチベーションになったように思います。

brain6.JPG

ゲーム機というだけで敬遠してしまう層には
今でも需要があるような気もする本作。
目を付けるのが早い(けれど大きな果実は収穫できないことが多い)
セガの本領発揮といった感もありました。

※画像は(c)セガトイズ


脳力トレーナー

脳力トレーナー

  • 出版社/メーカー: セガトイズ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

ポケットメイト だいちのアドベンチャー(タカラトミー・ミスタードーナツ) [玩具]

その昔、
小学生の半ズボンのポケットに収まるような
その名も『ポケットメイト』というおもちゃのシリーズがあり、
手頃な価格もあってかなりの人気を博しました。
現在トレカのパックがぶら下がっているような感じで
おもちゃ屋さんには大抵ポケットメイトのコーナーがあったものです。
携帯ゲームのはしりと言っていいのかも知れません。

中でも
銀玉を動かして障害物を越えていく『フィールドアスレチック』は
歯ごたえのある難易度と飽きづらい作りのおかげで
長い間楽しませてもらいました。
遠足なんかにも持って行き(で皆で遊ぶ)
どれだけ元を取ったか・・・という感じです。

そんなポケットメイトもレトロブームの影響で近年復刻され、
第一弾にアスレチックが無いな・・・と思っていたら
後になって出たけど気づく前に市場から消滅という目に遭い、
もう遊べないだろうと半分あきらめておりました。

mis002.JPG
(箱は無くビニール袋入り・取説つき)

が、そんな折
ミスタードーナツのキッズセットで
ポケットメイトが登場すると聞き、
アスレチックの運命や如何にと注目していたところ
無事『アドベンチャー』と名前を変えて登場したのでした。

mis003.JPG
(スタート地点)

基本、自分が遊んでいた頃の物と同じですけれど、
台紙のデザインが一新され
ポン・デ・ライオンと仲間たちが描かれています
(他のシリーズも全てポン・デ・ライオンと仲間たち仕様)。

mis004.JPG
(ターンベースはスタート時に手前側に置いておくべし)

なお
台紙とパーツの色違いで
前期『だいちのアドベンチャー』後期『うみのアドベンチャー』の二種類がありますので
お好みでどうぞ(単品だと300円)。

mis005.JPG
(序盤の難関。ふるいで粉砂糖をふる感じ?で丁寧に叩こう)

というわけで
ポケットメイトってありますか?とミスドのお姉さんに聞いて
おやつを食べるついでに(を装って)
買ってきました。
いやほんと、懐かしかったです。

mis006.JPG
(レバー式の回転盤は仕掛けとしては面白いが難関ではない)

開封時にはさまっていた銀玉がなかなか抜けず
逆さにしてバンバンたたいているうちに
いろいろと記憶が蘇ってきました。
自転車の乗り方のように身体で覚えていたようです。

mis007.JPG
(一番の難関、いかだ渡り)

ただ、
材質のプラスチックの滑りが良くなったのか
最難関のいかだが記憶ほど難しくなく、
あら・・・とちょっと拍子抜けしてしまった部分がありました。
まさか上達したなんて事は・・・

mis008.JPG
(ゴール)

※画像は(c)タカラトミー・ミスタードーナツ

公式サイト(取説や攻略情報もあり)
nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。