So-net無料ブログ作成
検索選択

スカイ・クロラ イノセン・テイセス(ナムコ) [Wii]

同名の小説を原作にしたアニメ映画の流れをくむ
(ムービーが映画と同じような絵柄のアニメである)、
レシプロ機(プロペラ機)による
エースコンバット的空戦シューティングゲームです。
Wiiでは「ウイングアイランド」というレシプロ機のゲームが
これ以前に出ていますけども、
あちらはシューティング要素が無く
操作方法もまるで違うため、
全く別のジャンルとして楽しめます。

aces4.jpg

さて、
このゲームの一番のポイントは、
何と言っても
ヌンチャクとリモコンの併用で、
ジョイスティックを彷彿とさせるような、
部分的にはそれを超えたような
操作感を持たせていることです。

aces1.jpg

それに加えて、
簡単操作で繰り出せるアクロバット飛行、
マヌーヴァコマンド。
その中でも
自動的に相手の背後を取ってくれる
タクティカルマヌーヴァコマンド(TMC)は
非常に強力です。

aces7.jpg

一見、
下手なプレイヤーの救済策のようなシステムですけれど、
TMCを発動させるには
敵機とある程度の間合いを保ちつづけることで
ゲージを貯めなければならないため、
ただ簡単にしている訳では無いですし、
相手の隙をうかがっているような感もあり
良い塩梅に作られていると思います。
決まった際は
一発逆転のカタルシスだけでなく、
別視点でバックに付く様を悠然と眺めるという
ご褒美のような時間が得られて
とても面白いです。

aces9.jpg

戦争を請け負う企業や
強化人間のような兵士が出てくるなど
見た目の雰囲気よりもSFなお話ではありますが、
小説やアニメを知らずとも
ストーリーにはついて行けますので
ご安心ください。

aces5.jpg

二次大戦風の舞台で
エースコンバットならではの英雄譚を描いた方が、
一般客をもう少し呼び込めたような気はしますけども、
Wiiならではの
良くできたゲームであることは間違いありません。

もうちょっとヒットして欲しかったなぁ・・・

aces8.jpg

※画像は(c)ナムコ・森 博嗣・「スカイ・クロラ」製作委員会


スカイ・クロラ イノセン・テイセス

スカイ・クロラ イノセン・テイセス

  • 出版社/メーカー: ナムコ
  • メディア: Video Game


HOSPITAL. 6人の医師(アトラス) [Wii]

ついに発売となったWiiU。
自分もWiiFitくらいまでには欲しいところであります。

そんなWiiUは、
(新規だとWiiリモコン及びヌンチャクとセンサーバーを買う必要がありますが)
先代Wiiソフトに対応しております。
というわけで
ソフトが揃ってくるまでWiiソフトの需要も少なくないだろうと
今回もWiiの良作をお送りします。

hos1.jpg

かつてDSの激ムズソフトとして登場し、
多くの和ゲーマーを苦しめた医療アクションゲーム、
『超執刀カドゥケウス』。
海外では国内以上の好評を得て
シリーズ化と相成りました。

hos16.jpg

このホスピタルも
そんな流れをくむ作品で、
初代のリメイク版『二つの超執刀』に出てきた
ミラがプレイヤーキャラの一人となっています
(なのでキャラクターデザインもリメイク以降の雰囲気)。

hos3.jpg

さて、
「6人の医師」と言うだけに
プレイヤーキャラは6名で、
それぞれが
外科医、内視鏡医、整形外科、救急救命医、診断医、検視官
となっており
その職種に応じたプレイを繰り広げることとなります。

hos4.jpg

従来のカドゥケウスに近い外科。
3Dで表示される体内にWiiリモコンを向けて操作する内視鏡。
外科的でありながら大工的なところもある整形外科。
応急処置で数もこなす救急。
問診、聴診、視診に加え画像診断も駆使する診断。
遺体や遺留品、現場検証、証言から事件を解明する検視。

hos5.jpg


それぞれに独自性があり、
診断と検視に至ってはアクション性のない
いわゆる推理アドベンチャーのようなシステムなので
なかなか飽きさせません。

hos7.jpg

かつて
ヌルゲーマーの多くが投げ出す羽目に陥った
厳しい難易度も影をひそめ、
いや、
高難易度や高ポイントという手練れ向けの部分は残しつつ、
イージーモードだと
へたれゲーマーも頑張ればクリアできる
良心的な難易度に抑えられています。

hos9.jpg

一つの病院を舞台とした
プレイヤーキャラの多い作品ゆえ
ストーリーも相互に絡み合っており、
あちらで診断した患者を
こちらでオペするみたいな展開も多く、
先が気になるつくりになっています。

hos10.jpg

それぞれのキャラを立てつつも
あまり話が散漫にならない、
時系列に並べた話のつくりは
うまいなと感心させられました。

hos12.jpg

ところで、
今時のゲームに慣れ親しんでいる人だと
アニメやムービーが無いとか
台詞全部に声が付いてないなんて不満が出るかも知れません。

hos14.jpg

しかしながら、
キャラクターの元絵をいじりながら
コミックのように見せる演出法がハマっており、
自分としては
特に物足りないとは思いませんでした。

hos15.jpg

初代プレイステーションの頃から
医療ゲームは
(DSの医療従事者向けソフトを除いて)
自分の記憶にあるものだけでも
『クリックメディック』『THE歯医者さん』『THE外科医』
『研修医天童独太シリーズ』『ブラック・ジャック』
そしてこのカドゥケウスシリーズと
出てきましたけれど、
このホスピタルは
その決定版と言っていいような
充実度・完成度だと思います。

hos11.jpg

Wiiの全ソフト中でも屈指の良作であるこのゲーム、
職業にされてる方から見たらどうなのかしら。

※画像は(c)アトラス


HOSPITAL. 6人の医師(特典なし)

HOSPITAL. 6人の医師(特典なし)

  • 出版社/メーカー: アトラス
  • メディア: Video Game


影の塔(ハドソン) [Wii]

光あるところに影がある・・・(「サスケ」OPより)

ということで今回は先日名実共に消滅してしまった
ハドソンの『影の塔』をお送りします。

shadow1.jpg

かつて鮮烈な印象を残した『ICO』っぽいグラフィックに
そういうゲームを想像してしまうかも知れません。
ですが
あちらはアクションアドベンチャーであり
この『影の塔』はアクションパズルに近いゲーム性ですので、
その辺を理解のうえ手に取るのが良いかと思われます。

shadow2.jpg

さて、
影の塔と聞いてどんなゲームを思い浮かべるでしょうか。
薄暗い塔?
うーん、ニアピン。

shadow3.jpg

オープニングで何故か(理由は語られない)
影にされてしまった少年を操作して、
仕掛けの謎を解いたり敵を倒したりしつつ
ステージを進んでいくという内容です。

shadow4.jpg

なので
普通のゲームで移動できる
回廊や通路、階段などではなく、
その奥に映っている影の上を移動するという
影絵を動かしているかのような
とてもユニークなシステムとなっています。

shadow5.jpg

そのまま投影されているとはいえ
複数の物が一つになってしまう影ゆえ、
本来の景色ではすんなり通れそうな所でも
障害になってしまっている事も多いです。
そこで
回り道したり(これはうっとうしく感じることも)、
相棒の黒い揚羽蝶を操ることによって
仕掛けを動かして道をひらいたりしながら
先へ上へと進んでいくこととなります。

shadow6.jpg

全体的に淡々としており、
ストーリーも断片でしか語られず、
パズルとして楽しませるつもりなら
もうちょっと敵とか体力を甘めにして欲しかったとか
セーブもマメにさせて欲しかった等々
細かい不満は少なくありません。

shadow7.jpg

それでも
静かで淡く儚げな雰囲気に
思考やプレイを妨げない抑えめな音楽が添えられた、
気に入った人には
じっくり遊べるタイプのゲームでした。

shadow9.jpg

※画像は(c)ハドソン・コナミ


影の塔

影の塔

  • 出版社/メーカー: ハドソン
  • メディア: Video Game



タグ:影の塔

キキトリック(任天堂) [Wii]

その昔、
ネイティブの発音をカタカナ読みに直そうとする
クイントリックスというテレビのCMがありました。

この『キキトリック』も
聞き取りづらい言葉を
うまく聞き取ろうという趣旨のゲームです。

kiki1.jpg
(イメージキャラクターのノイズ君)

そういう意味では
DSで出た『眼力トレーニング』的な効能
(聴き取り力アップ)もありそうな
作品ではありますけれど、
そういう実用的な部分は前面に出さず
エンターテイメント性を押し出しているぶん
作業にならず楽しめる作品でした。

kiki2.jpg

ゲームの構成は大きく分けて
「ノイズ君となかまたち」
「ミミプロ」
「ききとりバトル」
加えておまけ風な
「音グッズ」があり、
このうち「ききとりバトル」は
かるた+ミミプロの対戦モードとなっています。

kiki3.jpg

まず一人専用である
「ノイズ君となかまたち」。
これは
マイクに息を吹きかけながら話しているかのような
ノイジーな声のノイズ君をはじめ、
ぶつ切りシマシマ声のゼブラさん、
スクラッチのようなゆらめいた声のマダムなど
普通じゃない声のなかまたちと
会話のやり取りをするモードです。

kiki5.jpg

最初はたいていの場合
何を言っているのかちんぷんかんぷんなのですけども、
繰り返し聞いているうちに
だんだんコツがつかめてくるというか
慣れてくるんですよね。
まさに自分でもわかるという感じです。
外国語の聞き取りにも相通ずるような。
そうすると
俄然楽しくなってきます。

kiki6.jpg
(十三は梅田の隣!)

一方「ミミプロ」は、
売店の売り子やインタビューア、
幼稚園の先生など
聞くプロであるミミプロさんたちになり、
それぞれのシチュエーションで
聞き取りにチャレンジするというもので、
売り子さんの場合、
駅なら電車や雨の音が混じる中、
スタジアムならアナウンスや応援の中、
美術館ならひそひそ声を
それぞれ聞き分けて
言われた商品を渡さねばなりません。
聞き返すこともできますが、
高スコアを出すためには
早めに客をさばくことが求められます。
これが手を変え品を変えで飽きさせません。
とまあ
なかなか面白いゲームであります。

kiki7.jpg

ただ
発売前から思っていた
面白くても売れなさそう・・・という予感が
的中してしまったのは残念でした。
先日紹介した『安藤ケンサク』が
商業的に成功とは言い難い結果だったことで
こうなる事はある程度見えていたと思うのですけど。

『なかまたち編』
『ミミプロ編』
『バトル編』
みたいに分けてWiiウェアにしてくれてたら・・・
と思わずにはおれません。

kiki8.jpg

※画像は(c)任天堂


キキトリック

キキトリック

  • 出版社/メーカー: 任天堂
  • メディア: Video Game



安藤ケンサク(任天堂) [Wii]

何でWiiウェアじゃなくパッケージ販売なんだろうと
発売前から思っていた作品です。

ケンサクは(「THE推理」にも居たし)検索、
じゃ、安藤は?と思ったらandで
and検索をもじったタイトルのこのゲーム。

andk7.jpg
(下の方にいるのが安藤ケンサク)

検索最大手のグーグルと任天堂がタッグを組んだ
インターネット検索を題材とした
クイズゲームのようなパズルゲームのような作品です。

andk1.jpg
(どちらが多い?)

ウィキペディアや変換と並んで
頭を使わなくなった原因と言われがちな検索。
自分も書けていた漢字を書けなかった時など
これもパソコンを触りすぎてる副作用かしらなどと
思ったりもするのですけど、
変換で正しい漢字を選ぶには
ある程度の漢字知識が要るのと同様、
検索に関しても
ただ単語や固有名詞ひとつでかけると
広告や商売など役に立たないサイトが上位に来がちです。

andk2.jpg
(結果発表)

そんな有象無象のネットの海から
本当に欲しい情報を探し当てたいという事になると、
やはり
それなりのこつみたいなものが必要になります。

このゲームには
そんなこつをつかむきっかけが
つまっているように思えます。

andk3.jpg
(クロスワード風)

さて
かなり一般化しているネット検索という内容かつ
複数のプレイヤーでも遊べることから、
ソロプレイはそれほどじゃないのかもと
思ってしまいそうな作品ですが、
実のところ
一人用が思いのほか楽しいです。

andk4.jpg
(こんな形のヒントも)

よくあるクイズゲームとは違い、
知識以上に推測が大事という
ひねりの利いたシステムゆえ
結果発表まで確信が持てないのが
ハラハラドキドキでいい感じです。

andk5.jpg
(ヒットしやすい言葉になるようつなげていく)

いろいろあるミニゲームは
クイズ番組のようなものや
カードゲーム風のもの、
時間との戦いのものなど
バラエティに富んでおり、
なかなか飽きさせません。

andk6.jpg
(英単語が出てきた時にはびっくらこきました)

配信されていた内容の追加も終わっているため
現在の検索結果とは少々異なる部分もありそうですけれど、
頭の体操的な観点から見ても
今もじゅうぶんに楽しめるのではないでしょうか。

andk8.jpg
(カードゲームは選択肢が相手と違うのであまり公平じゃない気も)

ただ・・・
このゲームでも触れられてはいますが
今のグーグルの場合は
単語を入力すると
(グーグルが有力と判断している)
追加語がずらりと表示されるという
サジェスト機能が強化されており、
更に頭を使わない方へ進化しているんですよね。

andk9.jpg

ゲーム名を入力すると
グレーもしくは違法なアイテムなどばかりサジェストされたり
個人的には
余計なお世話だと思うのですけど・・・
支持されているのかしら?

※画像は(c)任天堂


安藤ケンサク

安藤ケンサク

  • 出版社/メーカー: 任天堂
  • メディア: Video Game


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。