So-net無料ブログ作成
ゲームボーイ ブログトップ
前の5件 | 次の5件

バルーンファイトGB(任天堂) [ゲームボーイ]

ファミコン時代の名作、バルーンファイト。
発売時に買わなかった自分は、
後になって探してみたのですが、
何故かプレミアが付いており、手が出ませんでした。

そんな折、ニンテンドウパワーから、
ゲームボーイ(カラー)用の本作が発売されたのです。
ファミコン版と決定的に違うのは、
主人公が女の子になり、
たくさんの風船に捕まったまま飛ばされてしまった
弟を探して進むというストーリーになった事でしょう。

2人用モードもあるにはある
(相手をゲームオーバーさせるかゴールインすると勝つ)ものの、
ゲームボーイゆえにメインは一人用である本作、
バルーントリップも付いており、遊び甲斐のある作品でした。

なお、海外でのみ発売されていたGB版のリメイクらしいです。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:ゲーム

ポケットモンスター 金(任天堂) [ゲームボーイ]

前作(赤緑青ピカチュウ)の大ヒットを受け、
満を持して登場した新作の1本です。
まず金と銀が出て、
その後、クリスタルが出るという
前作のピカチュウ版的売り方も踏襲され、
それも現在まで続いております。
で、クリスタルが何でパールじゃないのかと
自分に近い世代の方は思ったでしょうが、
DS版でようやくパールが登場したという訳です。

さて、ポケモンの追加、新ストーリーと
ある意味、前作路線の堅持という路線であり、
マンネリ化を招きかねない危険もあったのですが、
現在でもその路線で大ヒットを続けているのを見ると、
これで正解だったのだと思われます。
なお、本作には前作のポケモンを移動することが出来、
それも楽しかったのですが、
GBアドバンスの続編とは互換性が無く、
それでしばらくポケモンから離れることになりました。

ちなみに、本作からはクリア後のストーリーが充実しており、
前作のマップを旅することが出来ます。
で、成長したカスミやタケシとも再会(再戦)できるのが
凄く嬉しかった気がします。

余談ですが、とある森のほこらに何かあるんじゃないかと
足繁く通ったのは、自分だけじゃないでしょう。

ポケットモンスター  金

ポケットモンスター 金

  • 出版社/メーカー: 任天堂
  • 発売日: 1999/11/21
  • メディア: ビデオゲーム


nice!(0)  コメント(5) 
共通テーマ:ゲーム

ポケットモンスター 緑(任天堂) [ゲームボーイ]

風前の灯だったゲームボーイを甦らせ、
本体の寿命を延ばしたばかりでなく、
現在のDSへと続く、
任天堂携帯ゲーム機の隆盛の大きな要因となった、
文字通りモンスターな作品です。

まぁ、現在でもポケモンに残っている、
若干あざとい商法も初期からありまして、
イベント配布専用モンスター「ミュウ」や
販売店限定の青バージョンなどは、
個人的には眉をひそめたくなる物でしたけど、
ゲームボーイの通信機能を上手く使った
モンスターの交換要素は、最高のアイディアだったと思います。

ちなみに、現在では影響力を落としている
ゲーム誌のレビューですけれど、
本作に対しても大した評価は無く、
既に限界を露呈していたことを付記しておきます。

ポケットモンスター  緑

ポケットモンスター 緑

  • 出版社/メーカー: 任天堂
  • 発売日: 1996/02/27
  • メディア: ビデオゲーム


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:ゲーム

風来のシレンGB月影村の怪物(チュンソフト) [ゲームボーイ]

スーパーファミコンで登場した風来のシレン。
ルーツと言われるローグのシステムを上手く消化して、実に面白い作品にしてきました。
誰もが最初は「倒れるとレベル1からで、アイテム・所持金も0」という仕様に面食らうのですが、
慣れてくると病みつきになる面白さがありました。

で、続編が出ると聞いた時は嬉しかったのですけれど、
ハードがゲームボーイになると聞き、不安を隠せませんでした。
画像はモノクロで表現力も乏しく、何よりボタンが少なかったですから・・・。

ですが、それは杞憂に終わりました。
小さい画面ながらもシレンワールドは確実に継承され、ボタン操作も上手くアレンジされていたのでした。
ちゃちいシレンなんて・・・と否定的だったシレンジャンキーの友人も、
プレゼントしたら猿のようにハマっておりました。

ストーリーは、月影村の子供達が可哀想すぎて、シリーズ一後味の悪いものでしたが、
ヒロインが儚げで存在感がありました。

なお、不思議のダンジョン恒例のエキストラダンジョン(熟練者の本番)は、
なんと月影村からの帰途でして、
それをプレイする際は、タイトル画面が「風来のデレン」になるという凝りようでした。
ちなみに、脱出した後にまだ遊んでいると、タイトルが「風来のミレン」になるというオマケ付きでした。


風来のシレンGB

風来のシレンGB

  • 出版社/メーカー: チュンソフト
  • 発売日: 1996/11/22
  • メディア: ビデオゲーム


不思議のダンジョン 風来のシレン 月影村の怪物 インターネット版

不思議のダンジョン 風来のシレン 月影村の怪物 インターネット版

  • 出版社/メーカー: チュンソフト
  • 発売日: 2002/12/20
  • メディア: ソフトウェア


nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:ゲーム

カエルの為に鐘は鳴る(任天堂) [ゲームボーイ]

アクションRPGのような作品です。同社の「罪と罰」同様、有名小説っぽいタイトルですが、あまり内容とは関係ない気がします。

さて、個人的にはゲームボーイ№1のこの作品、アクションやパズル要素が結構あるので、下手ゲーマーには一見敷居が高そうに見えます。
しかしながら、セーブがマメに出来る上、もの凄く難しい訳でもないので、しっかり遊んでいれば大抵はエンディングまで行けると思います。

お話は猪突猛進な主人公が、キザなライバル(名キャラクター)と先を争いながら、さらわれた姫を救出するという内容ですが、台詞や演出、テンポが非常にいいので、あっという間に終らせてしまいました。

こういう作品を、埋もれた良作と言うのだと思います。


カエルの為に鐘は鳴る

カエルの為に鐘は鳴る

  • 出版社/メーカー: 任天堂
  • 発売日: 1992/09/14
  • メディア: ビデオゲーム


nice!(1)  コメント(6) 
共通テーマ:ゲーム
前の5件 | 次の5件 ゲームボーイ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。