So-net無料ブログ作成
ワンダースワン ブログトップ
前の5件 | -

ポケットの中のDoraemon(バンダイ) [ワンダースワン]

巷では新しいドラえもんが定着してきましたが、
オールドファンとしてはやはり
大山のぶ代さん時代がしっくりくるため
BSやCSで映画版の放送があると
つい観てしまったり・・・。

というわけで本作の登場です。
当時を懐かしむことができるレトロゲームです。

dora4.jpg
(このゲームはオーソドックスに横持ち)

のぶ代時代とはいえ
さすがに光学ディスク系(3DO版とか)ソフトは
当たり前のように声が入っていますけれど、
カートリッジ式の場合は
容量などの関係で大抵は声なしでした。

が、
このワンダースワン版ドラえもんは
なんと声が入っております(ドラえもんだけ)。

もちろんフルボイスなんてはずもなく、
「ぼくドラえもん」をはじめ
「ところで」「うふふふふふ」など
短いフレーズばかりですし、
音割れも結構なものなんですけど、
それでもキャラゲーの肝と言える雰囲気作りには
大きく貢献しています。
ただ
容量にも大きな影響を与えているのか
本編のグラフィックはとても寂しいものでした(汗)。

d2.jpg
(凝ったレイアウトなどではなくずっとこんな感じ)

ストーリーは
うっかり間違えてプレイヤーの家に来てしまったドラえもんが
袖すり合うも多生の縁とばかりに
数日滞在することとなり、
ミニドラを一体預かってコミュニケーションをはかる
というもので
コミュニケーションと言うと大層な気もしますが
早い話
ドラえもんと会話をすることで
その内容に応じてミニドラの性格が変化するというシステムでした。

d.jpg
(何ならずっと居てもいいんだけど)

会話も
ドラえもんの質問に四つのニュアンスから選んで返すという
シンプルなスタイルですので、
ゲーム的な難易度は無いに等しいです。
ちょっとばかりミニゲームがありますが
ミニドラをドラえもんの声で左右に誘導するという
至ってシンプルなゲームばかりですから
まあ心配ないです。

dora.jpg
(ミニドラ)

グラフィック以外に難点を挙げるならば
オートセーブだからか
テンポがおそろしくゆっくりで、
せっかちな人には全く持って向かない所でしょうか。
ミニゲームも実にチンタラ・・・というか
のんびりしております。

それから
スローなペースで勘違いしがちですが
ボリュームも少ないです。
一応小さな事件があるにはあるものの
あらら・・・もうサヨナラ?
という感じでした。

加えて
ドラえもんなのにひみつ道具がほとんど登場しません。
移動時のタケコプター、
迷い込んてきた際のどこでもドア、
あとはUSO800くらい。

dora3.jpg
(てんとう虫コミックス7巻で登場した思い出深い品)

なのでプレイヤーが
悪魔のパスポートやもしもボックスを所望して
(どこのプレイヤーだ)
あれこれなんて事は全くありません。

あと
ドラえもん以外のキャラクターは
のび太がちょっとだけ、
ドラミが台詞だけで
後の人たちは登場しません。

dora2.jpg
(携帯電話と連携するモバイルゲートを使うとメールももらえたらしい)


不満点をつらつら述べていると
つまらないゲームに見えてくるのですけれど(汗)、
遊んでみると
それなりにまったりと楽しめ
別れの際はちょっぴり寂しい
気の利いた小品と言った感がありました。


ポケットの中のDoraemon WS両 【ワンダースワン】

ポケットの中のDoraemon WS両 【ワンダースワン】

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: Video Game



blogram投票ボタン
(よろしかったらポチお願いします)

はたらくチョコボ(スクウェア) [ワンダースワン]

ファイナルファンタジーでおなじみの動物、
チョコボを使役して農地を開拓し、
作物を増やしていくというシミュレーションゲームです。

チョコボの種類も多く、
選べるキャラクターも可愛くて、
一見、良さそうな感じなのですが、
何というか、じきに飽きてきてしまいます・・・。
システムが単調だからかも知れません。

もう少し何とかしたら、
大化けしそうな雰囲気もあるだけに、残念でした。
ちなみに、モノクロ時代晩期に出た作品ですけど、
カラーにも何気なく対応しております。


はたらくチョコボ WS両 【ワンダースワン】

はたらくチョコボ WS両 【ワンダースワン】

  • 出版社/メーカー: スクウェア
  • 発売日: 2000/09/21
  • メディア: ビデオゲーム


nice!(0)  コメント(2) 

名探偵コナン 魔術師の挑戦状!(バンダイ) [ワンダースワン]

漫画やアニメで長い人気を誇る、
少年探偵コナンが主人公のアドベンチャーゲームです。

この手の原作だと、
普通推理アドベンチャーが思いつきますし、
他の機種のは大抵そうなんですが、
本作は、ちょっと違います。

数多くの証言を集め、
マルバツールという装置に入力し、
真実をあぶり出す・・・という、
さながらパズルゲームのような構成になっています。

なので、ストーリー自体は薄いですけれど、
独特の面白さがありました。
頭の体操みたいな感じで。

そして、好評だったのか、
その後トータルで3作がワンダースワン(3はカラー)で発売されました。


名探偵コナン 魔術師の挑戦状! WS 【ワンダースワン】

名探偵コナン 魔術師の挑戦状! WS 【ワンダースワン】

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • 発売日: 1999/08/05
  • メディア: ビデオゲーム


nice!(0)  コメント(0) 

ジャッジメントシルバーソード(バンダイ) [ワンダースワン]

縦にも横にも遊べるワンダースワンでしたが、
ノベル系ゲームで縦持ちの縦書きという読書っぽい雰囲気に使ったり、
パズルゲームの一人用で縦画面が見やすいくらいの使われ方しかされていませんでした。

シューティング好きなゲーマーは横長のテレビ画面に組み込まれた縦シューに不満な人が少なくないので、
ワンダースワンで、いわゆる縦シューティングは待望されていたと思われるのですが、
液晶の性能などから縦シューが発売される事はありませんでした(たぶん)。

で、本体末期にようやく本作がひっそりと発売されました。
正統派の弾幕避けシューティングでなかなかの良作ですけれど、
なんとコンテスト入賞作品の商品化でした。

ちなみに、ワンダースワンカラークリスタルバージョンじゃないと実質遊べないものの、
出来の良さと生産数の少なさから長らくプレミアソフトと化していました。
しかし、現在では再再販がなされ、定価で新品を買うことが出来るようになりました。

なお、ワンダーウィッチユーザーなら無料でダウンロード出来ますが、
ワンダーウィッチが輪をかけて品薄だったりします。


nice!(0)  コメント(0) 

魔界塔士 サ・ガ(スクウェア) [ワンダースワン]

元々ゲームボーイでシリーズ化されていた作品の一作目を、ワンダースワンカラー用にリメイクした物です。

ゲームボーイの時は、とっつきが悪くて途中で放置していたのですが、これは最後まで行く事が出来ました。
過剰な演出の付加などもなく、グラフィックを少し綺麗にしてバランスを多少遊びやすくした、なかなかの好移植だと思います。

内容は、塔をひたすら進んでいくというRPGで、「にんげん」「エスパー」「モンスター」から選んでパーティーを組むのですけど、モンスターだとたまに敵が落とす肉を食べて変化して強くなる(たまに弱化)という斬新なシステムで、他の人間とエスパーも普通のRPG的レベルアップではありませんでした。

そういえば、ラスボスの倒し方はゲーム界一有名かもしれません(笑)。
ただ、真のボスの前のラスボスっぽい敵に一生懸命それを使っていた自分は・・・


魔界塔士 サ・ガ WSC 【ワンダースワン】

魔界塔士 サ・ガ WSC 【ワンダースワン】

  • 出版社/メーカー: スクウェア
  • 発売日: 2002/03/20
  • メディア: ビデオゲーム


nice!(0)  コメント(4) 
前の5件 | - ワンダースワン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。