So-net無料ブログ作成
検索選択
アーケード ブログトップ

ポスタードリーム ときめきメモリアル(バンプレスト) [アーケード]

押し入れを片付けていたら
とっくに捨てたと思っていたゲーセンのプライズ(景品)がいろいろ出てきて
何やかやと思い出してしまった今日この頃です。

さて、
ゲーセンやスーパーなどに置いてあるプライズ筐体には
大きく分けて
カードやシールなどが(レアとかは別にして)もれなく貰えるものと、
キャッチャー系に代表される
景品をゲットするためには技量が要求されるものがあります。

このポスタードリームは
デジタルのスロットで数字が揃うと景品のポスターが出てくるという仕組みなので
どちらかと言えば後者のようでありますが、
実のところは運次第(もしくは店の設定次第)なので
お子様向けのじゃんけんゲームが一番近いのではないかと思われます。

ネット上の少ない資料を眺めていると
結構阿漕なお店も多かったようなのですけれど、
自分はジャスコ系の食品スーパー(古いジャスコをリフォームした店舗)でプレイしたからか
わりとあっさりゲットできたのでした。

pos2.jpg
(ポスターの入っている紙筒。ちなみに同級生2のはロゴが印刷してあった)

自分が本機をプレイした頃は
中身が同級生2(エロゲから家庭用への一番出世作)から
伝説的ギャルゲーのときめきメモリアルに替わった頃だったため、
双方が混じっているというややこしい(というか手抜きな)構成でした。
四本くらい当てた中に同級生が一本(メガネっ子)あったように思います。

話を戻しますが
このシリーズに共通しているのは
当たるとゲットできるポスターのなかに
更なる当たりとも言うべき等身大ポスターが混ざっていた事でした。

pos3.jpg
(ときメモポスター同封の一覧表)

一覧を見た感じでは9分の1で等身大が当たるのかと思いそうなものですが、
実際はもっと少なかったようです。
なのに
田舎のスーパーで世知辛さとは無縁だったからなのか
1000円も突っ込んでいないのに
混ざっていたのでした・・・等身大が(笑)。
筒は同じですが明らかに重いです。

pos.jpg
(右上の定規が30cmという事で大きさを想像してください)

というわけで
店側が好きに中身を入れ替えられることもあって
いまだに生き延びていそうな本筐体ではありますが、
カレンダーを飾るのは好きでも
ポスターは滅多に貼らない
(レコード屋さんでもらった松本典子のを学生時代に飾ってたくらい・・・)
人としては
あまり縁のない物だったりするのです。

そんな自分でもついプレイしたくなるほど
当時のときメモは威力があったんですよ・・・(遠い目)。

blogram投票ボタン
(よろしかったらポチお願いします)
nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

クイズマジックアカデミー(コナミ) [アーケード]

カプコン、セガ、SNK(ADK?)など、昔からゲーセンでもクイズゲームはあったのですが、
隅の方に置いてあったりして、基本的に地味な存在でした。

そんなゲーセンでのクイズゲームの地位を劇的に上げたのが本作です。

ネットワークに接続している全国のゲーセンのプレイヤーたちと対戦しながら、魔法学校内での地位を上げていくというシステムなんですけど、この対戦が熱いの何の・・・。
1回戦~3回戦で(成績下位者から)人数を減らしてゆき、残った4人で決勝を戦うのですが、
同程度の人と遭遇したりすると、何とも言えないような心地よい緊張感が味わえます。
ちなみに決勝では4分の1の問題を好きなジャンルにする事が出来ます。
自分はスポーツのタイピング問題に長い事していました。でも、スポーツが得意な人は多いと痛感してきたので、現在では学問の4択にしています。
もちろん自分も得意ジャンルじゃないですよ(笑)。ただ、アレルギー的に苦手な人が少なからず居るので、ライバルを潰すという意味では効果的だったりするのです。
自分は2~3回プレイするとどっと疲れるスタミナの無さなのですが、半日くらいゲーセンに居るつわものもいるような人気のあるゲームです。
客層も、おじさんや若い女性も多く、ゲーセンらしからぬ感じです。

クイズゲームは問題がだぶると飽きてくるジャンルです。ただ、定期的に問題は追加されており、既出になりにくい努力はされてます。
それでも問題を多く覚えているようなヘビープレイヤーは多かったのですけれど、後の作品では引っ掛け問題も増え、超早押しがし辛いようにマイナーチェンジされています。

最新作の3では、正答率か勝率でクラス分けがされており、同レベルの人と当たりやすくなりました。


↑ゲーム用カード。3から専用じゃ無くなったようです。

マジックアカデミーへ行こう!~QUIZ MAGIC ACADEMY FAN BOOK~

マジックアカデミーへ行こう!~QUIZ MAGIC ACADEMY FAN BOOK~

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: コナミデジタルエンタテインメント
  • 発売日: 2006/07/28
  • メディア: 大型本


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

アロマクラブ(セガ) [アーケード]

ゲームセンターと言っても、その中にビデオゲームしか無い訳ではありません。
今でこそ、シールプリント機など、かつてのゲームの定義から外れる物が増えましたが、
一昔前に、小洒落た筐体があった事を覚えている方は少ないでしょう。

ある意味、癒しブームを先取りしたともいえるアロマクラブがそれだったのです。
内容は、心理テストを受けた後、プレイヤーに適したアロマオイルが出てくるというものでした。

補充がマメじゃない筐体が多かったというハンデもあり、人知れず消えていきました・・・

↓アロマオイルの現物です。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:ゲーム

ゼロイゼ(データイースト) [アーケード]

自機をぶつけて敵を弾き飛ばす、遊園地のカートを髣髴とさせる作品です。

もちろんカートのようにのどかな世界ではなく、SF的に破壊するかされるかの世界なのですが、当時かなり遊びました。
理由は、数少ない自分がランキング入りできるゲームだったからです(汗)

後に似たタイプの「モトス」(ナムコ)を見て、パクリだったのかと悲しくなりましたが、どうやら、こちらの方が古かったようです。

レトロゲームブームで遊べないかと期待しているのですが、会社も無くなり、作品もマイナーなので、相当可能性は低そうです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム
アーケード ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。