So-net無料ブログ作成
検索選択
スーパーファミコン ブログトップ
前の5件 | 次の5件

実況パワフルプロ野球'94(コナミ) [スーパーファミコン]

この当時、野球ゲームといえばファミスタの一人勝ちで、
他社からも発売されてはいたものの、
ファミスタに比べると・・・という状況でした。

そのファミスタも、新作は定期的に出るけれど、
(完成されたシステムはいじりにくい事もあり)
最新データが一番の売りという閉塞的な状態で、
野球ゲームに対してマンネリ感が漂いだしており・・・
そんな時、本作が彗星のようにデビューしたのです。

「実況」なんてタイトルが付くように、
アナウンサーの実況が一番のポイントみたいに受け止められたデビュー当初でしたが、
そのうち、食わず嫌いな人を除いては、
投球の幅広さなど、
野球ゲームとしての緻密さに惹かれることになっていきました。
ただし、このゲームの場合は熟練度を要するため、
経験者同士でないと対戦が盛り上がりません。
なので、対戦ゲームとしてはファミスタに今でもかなわない気がします。

そして・・・
現在では、パワプロが野球ゲームの盟主となり、
著作権騒動なんてのも引き起こしつつ、
現在に至っているわけですけれど・・・。
新作でサクセスモードと新データが一番の売りという、
一時のファミスタ的マンネリ感は既に漂っており、
年に二本も出す辺りは、
ファミスタよりタチが悪いという状況だったりします。

そんな中、パワプロを越えそうな作品が出てこないことを、
非常に歯がゆく思っております。


実況パワフルプロ野球'94

実況パワフルプロ野球'94


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

イーハトーヴォ物語(ヘクト) [スーパーファミコン]

宮沢賢治の作品を舞台にした、
RPG風アドベンチャーゲームです。
この作品自体の知名度は低いですが、
プレイした人の評判は良く、
中古価格もなかなか下がりませんでした。

物語は「貝の火」から「銀河鉄道の夜」までの9章で、
「グスコーブドリの伝記」「セロ弾きのゴーシュ」のような
有名作もきちんと入っており、
それ以外の作品からも登場しているので、
賢治の作品が好きな人なら、隅々まで楽しめると思います。
ある意味、ごった煮的構成でありながら、
ちゃんと一本筋が通った構成なのは、
賢治作品の世界観が共通しているのに加え、
制作者がきちんと理解、消化してから表現していたからだと思われます。

湯水の如く、金と人を使った作品が主流になる中、
手間暇をかけて作った小品は、もう出てこないのだろうか?
と少し悲しい気持ちになる今日この頃です。


イーハトーヴォ物語

イーハトーヴォ物語


nice!(0)  コメント(5) 
共通テーマ:ゲーム

スーパーファミリーゲレンデ(ナムコ) [スーパーファミコン]

開発中の画面紹介は見ていたものの、
その後サッパリ音沙汰が無く、
スーファミ晩期だから中止になったのかな?と思っていたら、
ニンテンドウパワー用書き換えソフトとして登場してきました。
こういう日の目を見ずに終わりそうだったソフトの復活も、
ニンテンドウパワーの功績だったように思います。
なので、Wiiのヴァーチャルコンソールにも期待しております。

さて、良作揃いだったナムコのファミリースポーツシリーズ。
プレステ以降は変に垢抜けてしまったので、
本作が事実上の最終作と言って良いかも知れません。
ゲレンデとある通り、スキーの滑降を扱った作品です。

チュートリアルとしてスキースクールがあり、
歩き方やボーゲン、パラレルターン、ウェーデルンなど、
一通りの事をキッチリ教えてくれます。
で、東日本の有名スキー場でタイムアタックなどを楽しむのです。
なお、ブーツと板の組み合わせなど、
カーレースにも似た戦略が求められます。

ちなみに、ナムコスポーツのお楽しみだった、
ストーリーモードも収録されております♪


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

はじまりの森(任天堂) [スーパーファミコン]

おじいちゃんの家に、
列車にゆられて一人で遊びに来た「ぼく」が、
迎えに来るはずのおじいちゃんを待つ間、
周辺を散策していて見かけた女の子と繰り広げる冒険譚です。
地元の子供達との交流や、自然の中での遊びなど、
いわゆる古き良き日本の風景が描かれています。
ちなみに、ジブリアニメのようなメッセージ性も比較的強いです。

列車が山あいの村に到着するオープニングやタイトルなどから、
どうぶつの森(64・キューブ版)との類似性を感じるかも知れません。
ですが、本作は、ふぁみこん昔話の流れを汲むアドベンチャーゲームです。
なお、ニンテンドウパワー専用なので、
現在遊ぶには、ニンテンドウパワー用カートリッジを中古で購入し、
それを任天堂に送って書き換えて貰う・・・という面倒な作業が必要です。

良作が多い任天堂製アドベンチャーですが、
事実上、本作が最終作という状況です。
WiiのDL用新作とか出して欲しいなぁ・・・と思っております。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

平成 新・鬼ヶ島 前編・後編(任天堂) [スーパーファミコン]

ディスクシステムで人気を博した、
任天堂アドベンチャーゲーム
その中でも人気だった「新・鬼ヶ島」を
別の視点から描いた作品です。

元はサテラビューで出ていたそうなのですが、
難易度などを再調整して、
ニンテンドウパワー用に発売されました。
後にROMカセット版も出たので、
他のニンテンドウパワー作品より入手は容易です。

前編は犬の「りんご」とさるの「まつのすけ」から見た2話、
後編はキジの「おはな」のお話と鬼ケ島の決戦が描かれています。
データの連動は無いため、後編だけでも遊べます。
なお、元のディスクシステム版は、かなり難易度の高い作品でしたが、
本作は、遊びやすい難易度に抑えられています。

あっち向いてホイで、自分は詰まってましたが・・・(汗)

平成新・鬼ヶ島 前編

平成新・鬼ヶ島 前編


平成 新・鬼ヶ島 後編

平成 新・鬼ヶ島 後編

  • 出版社/メーカー: 任天堂
  • 発売日: 1998/05/24
  • メディア: ビデオゲーム


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:ゲーム
前の5件 | 次の5件 スーパーファミコン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。