So-net無料ブログ作成
検索選択
スーパーファミコン ブログトップ
前の5件 | -

ゆうゆのクイズでGO!GO!(タイトー) [スーパーファミコン]

当時まだ多かった、
素人参加のクイズ番組を模したゲームです。

タイトルのように、司会及びイメージキャラには、
おニャン子クラブからバラドルとして活躍していた、
ゆうゆこと岩井さんを起用していました。

で、クイズゲーム好きとしては当然として買いましたが・・・
問題数が絶対的に少なかったです(汗)
当時のスーファミROMの容量からして、
山のようには問題を収録できないのは分かるものの、
本作は演出に容量を使いすぎ、
それで問題にしわ寄せが行ったという・・・
本末転倒なクイズゲームでした。


ゆうゆのクイズでGO!GO!

ゆうゆのクイズでGO!GO!


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:ゲーム

ごきんじょ冒険隊(パイオニアLDC) [スーパーファミコン]

スーファミ晩期に出た、
ごきんじょ冒険RPG風、育成アドベンチャーゲームです。
晩期ゆえに生産も少なかったようで、
ネット社会じゃなかった当時では珍しかった、
通販で買った記憶があります。

さて、主人公は幼稚園児の女の子でして、
幼稚園の勉強やおゆうぎで能力を上げ、
近所を友達と冒険していきます。
小ネタも多く、うろうろしているだけでも結構楽しめ、
最後にはちょっとした感動もあるという、
手堅いつくりの作品でした。
このゲームを遊んでいると、
幼稚園児の行動範囲が上手く表現されている為、
子供の頃は隣の小学校の校区でも遥か彼方だったなぁ・・・
などとしんみりしてしまいました。

なお、キャラクターデザインは猫の漫画で知られる須藤氏でして、
おなじみの、ゆず君も登場していました。


ごきんじょ冒険隊

ごきんじょ冒険隊


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

ZOOっと麻雀(任天堂) [スーパーファミコン]

任天堂パワー用書き換え専用ソフトの、4人打ち麻雀ゲームです。

タイトルのZOO(200で無くてズーです)から分かるように、
プレイヤーキャラ他すべてのキャラクターが動物でして、
村を支配してしまった麻雀大王と配下の四天王を倒すべく、
仲間と旅をするという謎風味抜群のストーリーです(汗)。

ちなみに第一戦は村一番の麻雀上手を決める試合ゆえにシングルですが、
その後は相棒(自分で選べる)とのペアマッチなので、
よくある麻雀ゲームとは違う雰囲気が楽しめるでしょう。

任天堂のゲームだけあって、結構歯ごたえもありますよ。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

ザ・ブルークリスタルロッド(ナムコ) [スーパーファミコン]

多くのファンを持つ、ドルアーガの塔シリーズの完結編です。
が、ビジュアルノベル的に単調なアドベンチャーゲームだったため、
あまり人気は上がりませんでした。

ストーリーは、リターンオブイシターで塔から脱出したギルとカイが、
ブルークリスタルロッドを天上界に返すというもので、
通った順番によるマルチエンディングのため、
数多くのエンディングはあるものの、
ゲーム性は非常に低かったです。

当時にしては、一枚絵も多かったんですけどね・・・。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

大貝獣物語(ハドソン) [スーパーファミコン]

ファミコンで出ていた貝獣物語というRPGの続編です。

前作のファミコン版はナムコ、
本作はハドソンから出ているのですが、
話は繋がっています。
メガテンのように開発会社が自社ブランドにした訳でもなく、
謎の移籍でした。
さて、前作で封印したラスボスの復活を止めるべく
勇者や貝獣たちが戦うというストーリーですけれど、
本作は仲間になるサブキャラが多いです。
しかも、
条件をクリアしてラストバトルに連れて行くことで、
そのキャラのちょっとした話も見られるという仕様なのですが・・・
ラストダンジョンでキャラを飛ばす魔法を使う敵が居たんですよね(汗)
なので、一番贔屓のキャラが居なくなったエンディングでした(涙)
うんと後にゲームボーイでカードゲームも出ましたが、
あの小娘がお母さんに・・・と、ちょっとした感慨がありました。

残念ながら、有名作の陰に隠れている感はありますが、
なかなかの良作だったと思います。
なお、続編は新品を買って積んであります・・・
電池は大丈夫かな?


大貝獣物語

大貝獣物語


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム
前の5件 | - スーパーファミコン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。