So-net無料ブログ作成
検索選択

みんなのGOLF 6(SCE) [PS Vita]

祝・「グラビティデイズ」日本ゲーム大賞受賞

というわけで本日の作品は「みんなのゴルフ6」をお送りします。

mg6-1.jpg

何でやねん!と言われそうではありますが、
ダウンロードコンテンツにて
グラビティデイズのキトゥンが追加されまして・・・(400円)。

これが既存キャラのコスプレとかじゃなく
完全な新規キャラであり、
声も元作品の人で
何言ってるか分からない言語(発音はフランス語風)も
そのままという
実に元ネタをリスペクトした出来映えなので
(デザインはみんゴルナイズされてるけど)、
思わずソフトごと買ってしまったのでした。

mg6-2.jpg

新品を買ってきたものの
Vitaでは標準仕様の取説なしで
ミニちらしのような紙が一枚入っており
なんだこれ?と思ったところ、
このVita版みんなのゴルフ6では
オンラインプレイをするために
コードが必要となっていて、
そのコードが書かれた紙だったのでした。
ちなみに
中古で買った場合は
PSストアでコードを買うことができますけども、
900円と安くはありませんので
本作の中古を買う際はご注意下さい。

mg6-3.jpg

初めて本作を遊んだ際、
他のソフトに比べて
ちょっとマスクがかかっているというか、
PSPのソフトをUMDパスポートで移行して
遊んでいるかのような
ちょっとうすぼけたような印象を持ちましたけれど、
まあすぐに慣れます(おい)。

mg6-4.jpg

さて、
個人的には
かなり遠ざかっていたゴルフゲーム。
中でもみんなのゴルフシリーズは
(PS2の)3をちょっとやって以来というご無沙汰ぶりでしたけど、
操作系は大きく変わっておらず
安心してプレイすることができました。
ショット方法も多彩で
大抵の方は合うやり方が見つかるでしょう。

mg6-5.jpg

T&Eソフトによる実在の人気コースを題材にした
リアル系ゴルフゲームが出てきた頃、
もうデフォルメ系ゴルフゲームは
先がないのではなかろうかと
個人的には思っていたのですが、
それ(自分の思いこみ)を
第一作であっさり覆し、
押しも押されぬ人気ゴルフゲームとして
今も君臨している「みんなのゴルフ」シリーズ。

mg6-6.jpg

プレイしているうちに気付くのですが、
見た目のデフォルメ感とは違い
プレイ感は非常にリアリティがあります。
本当にその辺のつくりはすごいなと
感心しきりです。

mg6-7.jpg

それでいて
外見だけでなく
プレイのとっつきもいいという絶妙なバランス。
まさに「みんな」のゴルフです。

mg6-8.jpg

と褒めちぎってみましたが、
実のところ
この6はちょっと難しいんですよね。
とにかくコースレイアウトが練られており、
最初に挑戦するコースからして
フェアウェイに乗せたつもりでも
場所が悪いと
傾斜でラフまで転がっていきますし、
グリーンも高低やラインが厳しく
残り1mほどのパットですら油断できません。
それに
風速が表示されない(草を飛ばして判断)
というみんゴル仕様もあいまって
実に手強いです。

mg6-9.jpg

それでも
負けが込むとイージーモードが出てくるそうですし、
ゴルフゲーム経験者なら
なんとかしのいで行けそうな
絶妙なバランスとは言えます。

mg6-10.jpg

このゲーム、
一人用のチャレンジモードで優勝してゆき
そこでもらえる星が集まるとVSモードがあらわれ、
出てくる新キャラにマッチプレイで勝つと
そのキャラの購入権をゲットできるのですが、
これがちょっと煩わしく感じました。
ゲーム内で得られるポイントは
着替えやクラブ、ボール、アイテム等にも使うので、
せめてキャラクターくらいは
勝てば使用可というシステムにして欲しかったです。

mg6-11.jpg

とはいえ
転がって遊べる携帯機で
このクオリティのゴルフゲームが遊べるとは
いい時代になったものだと思わせてくれる作品でした。

mg6-12.jpg

そうそう、
近々PS3版も発売されることになりましたけれど、
このVita版を持っていると
PS3のダウンロード版が半額ほど(2000円)で
買えるクロスバイ価格 となっています。
そちらも目が離せません。

mg6-13.jpg

※画像は(c)SCE


みんなのGOLF 6

みんなのGOLF 6

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game


GRAVITY DAZE グラビティデイズ 重力的眩暈 上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動(SCE) [PS Vita]

どうしても遊びたい作品が現れたときが買い時という
個人的ゲーム機購入の法則により、
プレイステーションVita本体とともに購入した作品です。

2012-02-20-174150.jpg

2012-02-20-174717.jpg

2012-02-20-210547.jpg

60年代の映画のような
長ったらしい副題を持つこの作品、
記憶を失った少女、キトゥン(子猫ちゃん)が
彼女の前に現れた謎の黒猫、ダスティとともに、
重力嵐に浸食されつつある空中都市ヘキサヴィルで
同時に現れた生命体・ネヴィと戦いながら
街の人たちの願いも叶えてやるという
オープンスペース系アクションゲーム
(アドベンチャーゲーム風味)です。

2012-02-20-164347.jpg

タイトルにもあるように
本作は重力が肝であり、
主人公キトゥンは重力を操れ、
徒歩、ジャンプなど通常の移動に加えて
重力による跳躍で360度の移動を行うことができます。

2012-02-22-124117.jpg

操作としては
無重力状態にして少し浮きあがった後、
本体(もしくは右スティック)を動かして着地点を指定することで
そこに向けて(どの方向であろうと)落下するという仕組みであり、
着地した後はそこが下という視点になります。

2012-02-22-124151.jpg

なので
あまり調子に乗っていると
3D酔いのような状態になってくるのですけれど、
プレイ前の心配ほどではなく
気ままにプレイすることができました。

2012-02-21-130213.jpg

なお
ネヴィと戦う際も
似たような操作で重力キックを見舞ったり、
重力で浮かせた物を投げつける攻撃方法もあるので
状況に応じて使い分けることとなります。

2012-02-27-172036.jpg

とまあ
新規タイトルというだけでなく
重力を操るという操作システムも新しい
このゲームなのですが、
魅力的なのはそこだけではありません。

2012-03-24-151727.jpg

無国籍でありながらも
ヨーロッパ系SF作品のような香りが
そこはかとなく漂っており、
ステージ開始時のコミックや
街の空気感、色調などなど
実に良い味を醸し出しています。
ゴージャスめな音楽も
作品世界にマッチしております。

2012-02-20-173700.jpg

2012-02-21-125134.jpg

何より
主人公のキトゥンのかわいいこと。
それだけでも
動かしていて楽しいです。

2012-02-27-141241.jpg

キッチュでコケティッシュなキャラクターが織りなす
シリアスでありながらノーテンキなストーリー。
難はあれども
魅力がはるかに上回る、
小じゃれた愛すべき作品でした。

2012-03-24-151040.jpg


GRAVITY DAZE 重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動

GRAVITY DAZE 重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。