So-net無料ブログ作成
検索選択

にんしんゲーム天国(佐藤にんと/晋遊舎) [書籍]

この本は人気ブログ『にんしんゲーム天国』
が書籍化されたものですが、
ブログ未掲載オリジナル作品が多く
あちらを毎回読んでいたとしても損した感の少ない本になっています。

さて、
巨人・阪神や馬場・猪木など枚挙に暇がないくらい
ライバルの片方のファンが相手方を憎む(アンチ)という傾向が強い国民性なのか、
ゲーム界にもそういう事例はありまして、
代表的なところではドラゴンクエスト・ファイナルファンタジーあたりでしょうか。
実際の所は両方好きな人が大多数な気もしますけれど、
片方だけ好きな人の方が大抵声が大きく
ネットだけ見てるとどちらかが消え去らなきゃいけないのかなんて
思ったりもするくらいの(近親)憎悪っぷりでしたが
今じゃ一緒の会社というのが実に皮肉というか・・・
で、
こういう構図がゲームハード(ゲーム機)にもあり、
こちらも任天堂・セガ時代から争いは続いております。

ninshin.jpg
(内容見本)

ただ、
ファミコン~スーファミ時代は
任天堂のシェアがあまりにも圧倒的だったために
セガファンが吠えているだけという印象もありました
(PCエンジンファンが静かだったのは複数ハード所持者が多かったのかしら)。
ですが64以降は対等のライバルSCEが登場したことや
(サターン時代はセガも善戦)
好き放題意見がまき散らせるネットの普及もあって
ファン(を語る者含む)同士のいさかいが激化していったのでした。

そんな現在の様相を
当事者である任天堂ファン(にんしん)の形を借りて
面白おかしく描いた漫画が本作なのです。

自分が一番気に入っていた作品(リンク先の一番下)は
オチ以外がブラウニーブラウン公式漫画ゆえに非掲載でしたし、
当然ながら本作発行後の傑作もあり
味のある新キャラ、ボクサー氏
登場人物紹介にいる割にはちょっとしか出ておりませんが、
満遍なくゲームを遊んでいるシニカルなゲーマーなら
きっとニンマリできる漫画じゃないかなと思います。


にんしんゲーム天国(コミック)

にんしんゲーム天国(コミック)

  • 作者: 佐藤 にんと
  • 出版社/メーカー: 晋遊舎
  • 発売日: 2009/09/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



blogram投票ボタン
(よろしかったらポチお願いします)
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

長い腕(川崎 草志/角川書店) [書籍]

本書は第21回横溝正史ミステリ大賞受賞作です。

ついにゲーム部屋もネタが尽きたか・・・
いえいえ、そうではありません。
この作品はゲーム会社が舞台の推理小説で
主人公もそこの社員(女)なので持ってきたわけです。

さて、
作者が元セガ・エンタープライゼスというだけあって
作中のゲーム会社も『羽田』出身者が多いなんて表現があるうえに
『京都』(任天堂のこと)と『羽田』が方言で話したら
ちぐはぐになるだろうなんて事も書かれており
ゲーム制作の風景も(実際は知りませんが)かなりそれらしく描かれていて
オールドゲーマーにはそれだけで興味深い物がありました。

同僚の飛び降り(無理心中)を目撃したことに端を発し
故郷で起きた女子中生射殺事件との関連性に気付いた主人公が
実家に帰って独自の調査をはじめたところ・・・
というストーリーで、
最初はゲーム業界を扱った今風のミステリなのかと思いきや
途中からは横溝賞というだけに横溝的な
閉鎖的な田舎町を舞台に繰り広げられる
おどろおどろしい雰囲気の作風となっています。

なので
ゲーム制作風景などを面白がって読んでいた自分の場合は
後半置いてきぼり風味でしたし、
逆に横溝的なものを期待して手に取った方ならば
(作者のテリトリーだからか)
無闇に細かく長い描写になっているゲーム会社パートが
苦痛に感じるかも知れないという
そんな作品でした。
両方好きな方ならどんな感想を持つのかちょっと気になります。

理知的で行動力のある主人公は魅力的だったんですけどね。


長い腕 (角川文庫)

長い腕 (角川文庫)

  • 作者: 川崎 草志
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2004/05
  • メディア: 文庫



blogram投票ボタン
(よろしかったらポチお願いします)

タグ:長い腕
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

ルサンチマン(花沢健吾/小学館) [書籍]

この作品は
ゲーム化されたわけでも
原作がゲームという訳でもありませんが、
題材がネットゲームという事で取り上げさせていただきます。

進化したネットワークを舞台にした漫画には
かつて「ブーム・タウン(内田美奈子)」という未完の良作もありましたが、
あちらがどちらかといえば
ハビタットに始まりセカンドライフ、プレイステーション@ホームなどへと続く
コミュニケーションツールの進化系らしき世界だったのに対し、
この「ルサンチマン」では
進化したネットゲームの世界が描かれています。

街や人間など特に変わり映えのしない近未来が舞台のこの漫画ですが、
ネットゲームに関しては相応以上に進化しており、
ギャルゲーとファンタジー系MORPG、戦争系MMOFPSを一緒くたにして
同じキャラクターで全てをプレイすることが可能になっているうえに、
専用のスーツ(コントローラみたいなもの)を装着してあそぶため
まさにバーチャルリアリティーというような体験ができるようになっています。

工場勤務で定職はあるものの
風貌から私生活までまるっきり冴えない30代独身の主人公が
ネット廃人の友人に勧められたゲームに手を出してしまい
どっぷりとハマりこんでいく過程で
自分の買ったソフト(月子)が他の量販ソフトとは違っていることに気づき、
ゲームの枠を超えた騒動に巻き込まれていく・・・という話でして、
全四巻というコンパクトさも相まって
最後までだれずに楽しめる
もうちょっと話題になってしかるべきと思える内容でした。

特に
主人公のタクローをゲームに引っ張り込んだ
ネットゲーム廃人の越後がすごい描かれ方でして、
普段の駄目っぷりとゲームにおける格好良さの
大げさなまでのギャップは
願望としては当然そうなんだろうと思わせつつも、
終盤は生き様まで格好良くなっているため、
単なる猛烈に痛いキャラで終わっていないのが
非常に印象的でした。

多ジャンルが共存しつつ
それぞれの嗜好でエリアの棲み分けができてはいるものの、
ときおり戦争系プレイヤーが侵攻してくるため
内戦のようになっているなど
ゲーム世界の描き方もうまいですし、
単なるハッピーエンドになっていない結末も
かえって読後感が良くなっているように感じました。

ギャルゲー部分に性的な嗜好が加わっているため
大人のおもちゃのような表現も多数あり、
その辺りが読者を選んでしまう気がしますけれど、
ゲームを描いた近年の漫画の中でも屈指の良作なのは間違いないです。


ルサンチマン 1 (ビッグコミックス)

ルサンチマン 1 (ビッグコミックス)

  • 作者: 花沢 健吾
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2004/05/28
  • メディア: コミック




ブーム・タウン 1 (バンブー・コミックス)

ブーム・タウン 1 (バンブー・コミックス)

  • 作者: 内田 美奈子
  • 出版社/メーカー: 竹書房
  • 発売日: 1993/06
  • メディア: 単行本



blogram投票ボタン
(よろしかったらポチお願いします)


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

オールアバウト ぷよぷよ(電波新聞社) [書籍]

スーファミの頃からプレステ初期ぐらいまで、
一般的なゲーム攻略本と同じ判型でありながら
装丁の違いと分厚さで
異彩を放っていたシリーズがありました。

その後
出版社を変えて
解体新書やアルティマニアを出している
と言えば分かる方も多いと思いますが、
山下氏率いるスタジオベントによる攻略本、
オールアバウトがそれだったのです。

他にも厚い攻略本はありますけれど、
中身はからっきしなんて物も少なからずありました。
そんな中、
スタジオベントの攻略本は厚さに見合った内容量で
まさに「大丈夫」な本だったと言っていいでしょう。

さて、
この「ぷよぷよ」攻略本ですが、
攻略部分と資料部分が両立している
すぐれものの本でして、
それまで
なんとなくのフィーリングで遊んでいて
連鎖は偶然に頼る部分も多かった
ファジーなプレイヤーとしては
まさに目から鱗が落ちる内容でした。

puyo2.jpg
(キャラクター紹介)

これまた適当プレイヤーだったにもかかわらず
スピードが上回っていたため
負ける率が高かった友人にも
これを読んでからは連戦連勝できるようになりました(笑)。

puyo3.jpg
(「まわし」といっても相撲じゃありませんです)

主に格闘ゲームが多かった
このシリーズですけれど、
読んでいれば
その後の隆盛も納得できる気がします。

puyo.jpg
(画像から公式ページに飛びます。まだ買える作品もあるようで驚き)

※画像は(c)電波新聞社/コンパイル/セガ

blogram投票ボタン
(よろしかったらポチお願いします)

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

ペーパーアドベンチャー2(電波新聞社) [書籍]

ゲームブックという物がかつて存在していた事を知る人は
ゲーマーの中でも相当なオールドゲーマーだと思われますが、
それは何かと言いますと
今で言うアドベンチャーゲームやロールプレイングゲームを
本の上で行おうという、
ある意味テレビゲームの原型の一つとも言えるものでした。
中世風RPG的な物や
Zガンダムのジェリドメサが主人公の本を持っていた記憶があります。

と言われても
なかなかイメージしづらいという方のために
どんな感じだったのか再現してみます。

1.道が二つに分かれている。
 ・右に行く→2へ
 ・左に行く→3へ
2.目の前には扉がある。
 ・開ける→4へ
 ・引き返す→1へ
3.井戸に落ちてしまった。(ゲームオーバー)
4.扉には鍵が掛かっている。
 ・蹴破る→5へ
 ・鍵を探す→6へ
 ・あきらめて引き返す→1へ
5.扉は思っていたより堅く足を痛めてしまった。(ゲームオーバー)
6.植木鉢の下に鍵を見つけた。→7へ
7.外に出ることが出来た。(ハッピーエンド)

もちろんこんな単純な物は無いですが
システム的にはどれも似たような感じでして、
RPG的な作品だと戦闘場面でサイコロを使うこともありました。

というわけで本題に入ります。
このペーパーアドベンチャーは海外で普及していたゲームブックというジャンルが
まだ日本でほとんど知られていない頃
ベーマガ(マイコンベーシックマガジン)誌上で
いち早く紹介していた手塚一郎氏の監修による
短編集の二冊目となります。

adv1.jpg
(表紙)

全31編という事もあって
ジャンルは多岐にわたっており
メルヘン・学園・推理・冒険・SF・脱出・時代・格闘などとなっておりますが、
残念ながら
たいていの場合は短すぎて物足りなかったです。

adv2.jpg
(内容見本)

巻末に採用されれば謝礼ありという
作品募集の告知があるんですけど
この本の三冊目は出ておりません。
応募した方はどうなったのかしら(汗)

adv4.jpg
(当時のベーマガ系ムック一覧。BBS電話帳には特に時代を感じます。あとオールアバウトナムコを買わなかった当時の自分を責めたい)

blogram投票ボタン
(よろしかったらポチお願いします)
nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ゲーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。