So-net無料ブログ作成
プレイステーション3 ブログトップ
前の5件 | 次の5件

AFRIKA(SCE) [プレイステーション3]

自分は基本的にグラフィックや機種の性能にはあまり興味のない方で
たいていのゲームはPS2やドリキャスでじゅうぶんじゃないのなどと
いまだに思っているのですが、
性能が上がることによってはじめて表現できるような物があるのも確かでして、
サッカーゲームで双方のチームが11人ずつで戦ったり
プレイヤーが操作していない選手がそれなりの動きをするのも
性能アップによる恩恵だと分かっております。

というわけで
凄い性能らしいと聞いて
何だかなぁ(制作費も凄いんだろうなぁ)・・・と冷めた目で見ていたPS3なのですけれど、
初期ラインナップの中に本作があり、
これは・・・!と心待ちにしていたもののなかなか発売されず、
ようやく発売されて本体を買ったときには
PS2下位互換のない新型(大きさは一緒)になっていました。


早速遊んでみたところ
デジタルだと嘘くさくなりがちな動物たちが良い感じで表現されており、
ビバ!高性能と思ってしまったのでした。

AFRIKA™_4.png

肝心の内容は
アフリカ某国の自然保護区にやってきた
カメラマンである主人公(性別選択可)が
依頼されたお題に沿って動物たちを撮影し、
条件をクリアすると
行けなかった先の区域へと進めるようになるというもので、
それだけ聞くと『ポケモンスナップ』や『妖怪写真館』みたいなゲームと
思ってしまいそうな感じです(そういう部分も確かにあるし)。

AFRIKA™_2.png
(主人公の相方、アンナ。女性主人公にすると彼女が操作キャラとなる)

が、
スズキの四駆に乗って
αシリーズ(往年のミノルタ一眼レフカメラ。現在はソニーブランド)を首に下げ
広い広いアフリカの原野を駆けていると、
その(小道具も含めた)リアル感に
キャラものとは違った胸の高鳴りを覚えてしまいます。
加えて撮影することで情報が追加される動物図鑑は
ナショナル ジオグラフィック社の協力で
リアル感がさらに強化されております。

AFRIKA™_6.png
(最初だけおじさんが運転してくれるが後は自分で運転)

なかでも自社(系列会社)製品であるαシリーズに関しては、
最初は無印(会社不明)のカメラではじまり
実績が上がってくることでようやく入手できる
(そして段々良い物が使えるようになる)
こともあって、
実機が欲しくなるという副産物まであるような。

AFRIKA™_7.png
(しょぼいカメラで撮影)

AFRIKA™.png
(αシリーズで撮影。劇的に綺麗になって感動・・・笑)

ゲーム的には
指定された動物の写真を撮るために
それらしい場所に移動してシャッターチャンスを待つというのが
セオリーなのですけれど、
動物は近づくとこちらの存在に気がつきますし、
気性が荒いやつの場合は攻撃してきたり
(つかまるとその日のカメラの内容がおじゃん)、
臆病な場合は当然ながら逃げてしまうわけで
そろそろと近づくという(見つかったらダッシュで逃げる)
ステルスアクション的な側面もあります。

AFRIKA™_5.png
(こちらに気づいてます)

写真も眼レフで撮るだけでなく、
設置したカメラを遠隔操作したり
マイクで音を拾ったり
イベントによっては
運転を代わって貰って後部座席から撮影というシチュエーションもあり、
それは普段の撮影と違って翌日出直すという事が出来ないために
まさに一瞬を切り取る集中力と
被写体を追い続ける先読み能力を要し、
かなりの緊張感がありました。

AFRIKA™_3.png
(最初の中ボス的存在、チーター)

とは言っても
アクションゲームの技量が要るというような
難易度ではありませんのでご安心ください。

ただひとつ気になったのは
フラミンゴの群れを追いかけていた時、
彼らが同じようなパターンで動いているのを見て
ちょっと興が削がれてしまった事でしょうか。
この辺り、
リアルさは突き詰めていくと
いつまで経ってもきりがない・・・と
感じずにはおれませんでした。

AFRIKA™_1.png
(戦い済んで日が暮れて)

なおアフリカの英語でのスペルはAFRI"C"Aですが、
ゲームの方は"K"であり
こちらの綴りが間違えているわけではございませんのであしからず。
あ、あと
本作はトロフィー導入前の作品ゆえ
それが無いとモチベーションが上がらないという方はご注意下さい。

※画像は(c)SCE


AFRIKA PLAYSTATION 3 the Best

AFRIKA PLAYSTATION 3 the Best

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game



blogram投票ボタン
(よろしかったらポチお願いします)
タグ:AFRIKA
nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

肉弾(SCE) [プレイステーション3]

Wii以外の二陣営が相次いで参入した体感ゲーム。
使いこなせるところが出てくるのに時間がかかりそうではあるものの
可能性や伸びしろを大いに感じるキネクトに対し、
PS3はアイトーイプレイ(PS2)をWii的にアレンジしただけのように
見えなくもない(汗)PSムーブを投入してきました。

というわけで遊び方をイメージしやすい利点が活きたのか
ムーブは初期からいい感じのソフトが出ております。
今回紹介する肉弾もそのひとつです。

niku1.JPG
(トレーナーは映画でおなじみダニー・トレホ)

まず言っておきたいのは
この作品、
片方をPS3コントローラ(SIXAXISやデュアルショック3)で
プレイすることも可能ではありますが、
反応が今ひとつであんまり面白くないです。
ムーブリモコン二個持ちを断然推奨します。
この感想もリモコン両手プレイによるものであると
ご理解ください。

niku2.JPG
(エリアごとに10人のファイターが待ち受ける)

Wiiにも以前紹介したボクササイズのソフトなど
リモコンを二個持って殴る動作をする作品はあったのですが、
ファミリー向けハードというイメージが縛りになっているのか
その操作でガンガン殴り合うみたいなゲームは
(自分の知る限り)ありませんでした。
で、
本作を見つけて飛びついたのですけども、
まさに期待通りの内容というか
それ以上の部分もあって、
(ソフトそのものは安いが)
リモコンなど初期投資が嵩んだにもかかわらず
買って良かったなと思えたのでした。

niku3.JPG
(エリアごとにボス格が)

リモコン両手持ちのアングラな雰囲気のファイト
(ストリートファイトみたいな)という事で
当初は相手の腕を極めたり
羽交い締めにしたり
投げたりなんて事も期待していたのですけれど、
残念ながら基本は殴り合うだけでした。
ダーティームーブという必殺技的なもので
エルボーなどパンチ以外の攻撃も一応ありますが、
パンチだけだと思っていいでしょう。

しかも
正確な動作を反映させるため
カメラから見た中心で立っている必要があり、
自分の足を動かすことはできません
(移動はボタン操作で行う)。
つまるところ
傍目から見れば
棒立ちで殴り合いという格好です。

自分としては
左ジャブで牽制しつつ
右で沈めるという
顔が綺麗な勝者を目指していたのですけれど、
実際に打ったパンチがゲーム内に反映されるからか
左ジャブがちっとも当たらず、
牽制にも何にもなりゃしません。
左で計算できるのはフックのみ、
右は夏子・・・じゃなしに
ストレートとアッパーがいける感じだったため
左フックをガードの外から見舞って
ガードが開いたところから右ストレート、
潜り込んできたら右アッパーで起こして
これまた左フックという
デンジャラスな戦法しかとれず
こちらも血まみれという試合ばかりになってしまいました。

niku4.JPG
(手前が自分。最近のアップデートで半透明に)

と案外不自由なバトルなのですけども、
遊んでいると実に熱くなってしまうという
困ったゲームなんです。これ。

リモコンの振動や動きのシンクロ感と
リアルな造型の対戦相手が相まって、
さも本当に殴っているかのような感覚
(これってバーチャルリアリティーかしら)が味わえ、
相手を倒した際の充実感は
今までにないものがありました。

なので
ついついもう一丁と遊んでしまいがちですけれど、
当然ながら自分でパンチしているため
調子に乗りすぎると次の日は大変なことになります
(特に二の腕の筋肉痛が激しい)。

ちなみに詰まった際の救済策なのか
プレイヤーを投影する主人公には
パラメータがあり、
これはトレーニングをこなすことでアップするため、
能力の下駄を履かせると
格闘ゲーム的な爽快感も楽しめるようになります。
とはいえ(個人的には)達成感が大いに減じてしまうため
お好みでどうぞといった感じです。
なお
ネット対戦はパラメータMAXなプレイヤーばかりという話なので
自分は参加しておりません。

さて、
これまでの説明で気付かれた人もいるでしょうが、
実際に身体を動かして遊ぶゲームゆえ
相当に人を選びますし、
ストーリーなんかも皆無なので
対戦相手が多いとはいえ
単調(マンネリ)に感じる方もいるでしょう。

ですが、
性に合うプレイヤーにとっては
まさに新感覚の珠玉のアクションゲームだと言って
差し支えないと思います。

niku5.JPG
(試合後は好きなようにリプレイ可能)

アイディア自体は別に目新しくもないですし、
こんなゲームを企画しようとした人も
過去に居るんじゃないかと思える作風ですけども、
このプレイ感の新しさは
一度遊んで貰いたいなと思えるものでした。

※画像は(c)SCE


肉弾

肉弾

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game



blogram投票ボタン
(よろしかったらポチお願いします)
タグ:肉弾
nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

AQUANAUT'S HOLIDAY アクアノーツホリデイ 隠された記録(SCE) [プレイステーション3]

新世代機の海洋アドベンチャーゲーム。
Wiiは『エバーブルー』(プレイステーション2)の流れをくむ
アリカの『フォーエバーブルー』、
PS3は『アクアノートの休日』(プレイステーション)の流れをくむ
アートディンクの『アクアノーツホリデイ』と
それぞれ他社から発売されていた実績のあるシリーズを持ってきたという
不思議な一致が見られるジャンルです。

というわけで今回は
PS3で久々に復活したアクアノーツホリデイです。
ハイスペック機での登場だけに
やはり美しいグラフィックが印象的なのですが、
意外というか
本体のスペックが随分違うはずの
フォーエバーブルーの健闘を再確認することにもなりました。

AquaPhoto 静かの海にて撮影.jpg
(魚群などはさすがの表現力)

さて内容です。
ジャーナリストの主人公が
行方不明になった天才海洋学者の行方を追いかけて
彼がつくった潜水艇に乗って
珊瑚礁の海を探索するという大筋があり、
他にもいくつかサイドストーリーが現れます。

an.jpg
(乗船する潜水艇と通信相手のお姉さん)

もちろん
これまで通り好きなように探索できますけれど、
上記の通り
本作ではストーリーが大幅に強化され、
よりアドベンチャーゲーム的になっています。

an2.jpg
(発見した生物などはデータベースで説明を見たり3Dモデルを眺めたりできる)

それに加えて
今回は魚に聞かせるソナーの重要度が増しており、
こちらとコンタクトを取れるシンガーと呼ばれる生物たちと
元祖覚えゲーの電子ゲーム、
サイモンのようなやり取りをして

Simon made by Neave Games


(サイモン)

うまくいくと
ミームという謎のエネルギーが蓄積され
それが増えていくことで
潜水艇の隠された機能が解除されていくというシステムになっています。

AquaPhoto 啓示の海にて撮影.jpg
(シンガーとのやり取り中)

しかも
エリア分けされた海域の
新たなところへ行くためには
お金を貯めてソノブイに電池を取り付けたり
ストーリーを進める必要があるため、
ひたすら自由に海中を散歩したいという方だと
若干窮屈に感じてしまうかもしれません。

AquaPhoto しらべの海にて撮影_2.jpg
(危険そうな生き物も襲っては来ないので安心)

ただ
バランス自体は易しめに作られていて
潜水艇の強度やバッテリー、酸素のような
面倒な要素はなく
いつまでも潜っていられるのでご安心ください。

AquaPhoto ささやきの海にて撮影.jpg
(海底から上を眺めてみた)

操作自体も
左スティックで方向転換、
右スティックで前進後退、
方向キーで潜行浮上となっており
右スティックではある程度方向転換もできるため
慣れてくると直感的に遊べるようになります。

AquaPhoto しらべの海にて撮影_4.jpg
(狭いところでは生物とぶつかる事もあるがペナルティは無し)

ストーリーは
ちょっとSF色が強く
人によっては合わないかも知れないですが、
なかなか面白いものでした。
エンディング後も
ちょっとしたイベントがいくつかあり
長く遊べる工夫も好感の持てるゲームでした。

個人的にはこういったタイプの落ち着いて遊べる作品が
もっと出て欲しいところです。

AquaPhoto 祈りの海にて撮影_1.jpg
(なんだこれは)

画像は(c)SCE・アートディンク


AQUANAUT'S HOLIDAY ~隠された記録~

AQUANAUT'S HOLIDAY ~隠された記録~

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game



blogram投票ボタン
(よろしかったらポチお願いします)
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

ゴッドファーザー ドン・エディション(エレクトロニック・アーツ) [プレイステーション3]

~本エントリはケンさんのお誘いで
映画ブロガーさんたちによる共同開催企画、
「ブログ DE ロードショー」に参加させていただいたものです。~

『ゴッドファーザー』との出会いは
幼少の頃に祖父の車で何度となく聴いた8トラカセットの
尾崎紀世彦版『ゴッドファーザー・愛のテーマ』でした。
でも元曲を知らない方だと
あの名曲も暴走族の(ホーンの)イメージなんだろうなぁ・・・

さて
今のところ全三作からなる
イタリア系アメリカ人のギャングファミリー、
いわゆるマフィアを描いた本シリーズ。
映画館で観たのは三作目だけですけれど、
本は一度読めば十分、映画も一度で結構、
ゲームもクリアしたら終了という場合がほとんどである
飽きっぽい自分が
それぞれ数回ずつは観たという思い入れのある作品です。

0002.jpg

なぜに複数回も鑑賞して楽しめるのか・・・なんですが、
初期は
三国志のような群雄割拠ものとして観ていたように思うんです。
一口でニューヨークでの縄張り争いと言ってしまえばちっぽけな感もありますけれど、
雰囲気作りの妙や更なるノスタルジーを誘う音楽、
何より今風に言えばキャラの立った男臭い登場人物達が繰り広げる
終わりの見えない戦いに引き込まれたのでしょう。

0004.jpg

それから
もう少し経ってから感じたのは
主題歌に『愛』のテーマとあるように「愛」でした。
マイケルの迅速な鞍替えっぷりにはおいおい(笑)と思いましたけど、
異性との愛はむしろ二の次で
家族愛・ファミリー愛のために
血で血を洗う抗争に明け暮れる男どもと
それを耐える、あるいは耐えきれなかった女たち
(ところで母の影が薄いのはアメリカ映画だからかな・・・?)、
まだ何も知らない無邪気な子供たち
その人間模様に興味をひかれていったのです。

0003.jpg

そして
ひねくれ度数が増した今になって感じたのは
冗長になってもおかしくない尺でありながら
最後まで集中を保っていられるつくりの細やかさでした。
それも
今ごろのノンストップアクションや
クライマックスを多数配した演出とは違った
さりげない緊張感。
もちろん過去に観ていたから(あんまり覚えてなかったけど・・・汗)
というのはあるのでしょうが、
ルカがぶつぶつ言っていても
マイケルが山を散策していても
トムがクリスマスプレゼントを買っていても
爺さんが畑に出ても
いつも何かが起きそうな予感が漂っており息が抜けませんでした。

0001.jpg

というわけでゲームの話題に入ります。

EAによるゲーム版『ゴッドファーザー』は
亡くなる直前のマーロン・ブランドが出演したこともあって
遺作のように言われ少し話題になりました。
扱う題材が映画史に残る作品だからか
原作の雰囲気を尊重したキャラゲーの良作となっています。

gf3.JPG
(左がルカ、右が主人公)

ざっくり説明すると
オリジナルの主人公が
ドン・コルレオーネの世話で
ルカ(映画では序盤でお魚さんになってしまった人)
の子分となり、
与えられたミッション(すべて暴力的)
をクリアしていくという内容です。

gf2.JPG
(普段の画像)

それだけを聞けば
「ああ、GTA(グランドセフトオート)の亜流ね」と
早合点しそうなのですけれど(自分もしてた)、
ソニーやトムは出演者本人が声をあてているなど
むしろ力点はキャラゲー部分にあると思われるため、
GTAと比べてどうこうというゲームでは無いようです。

なので数あるミッションも、
葬儀屋の娘の敵討ちを
ポーリーと一緒にする(これは派手に痛めつけるだけ)というものから
ルカを会談場所に車で送っていき
彼が海の底に送られるのを目撃するもの、
果ては交渉に応じない映画プロデューサー・ウォルツの愛馬を・・・
という次第で、
映画を観ていて思い入れがあるゲーマーだと
本編に出てこない場面(裏側)を垣間見ることができ、
トムがお馬ちゃんを云々みたいな荒事をするとは思えなかったけど
そうか、俺様が・・・(え)
と補完することもできるようになっています。

gf.jpg
(主人公とポーリーたち)

原作を尊重した作品ゆえに(そういう取り決めかしら)
主人公の行動が大筋には影響しないことや、
『海の底』のミッションのように矛盾が生じているエピソード、
何よりアル・パチーノが他社と独占契約をしていたとかで
マイケルが別人であることなど不満もいくつかありましたが、
キャラゲーとしては相当な良作であると思います。

ゲーム自体は
PS2からの移植ゆえグラフィックが物足りないこと、
その他のキャラクターのバリエーションが少なすぎて
同じ人が街に何人も歩いていて興ざめなこと、
PS3版は倫理上の制限が多く変な部分があること、
敵対関係だと
こちらが構える暇もないくらいの速さで猛烈な攻撃がくるのに
難易度調整がないこと、
新型機のソフト全体に言える事ながら
字幕の文字が小さすぎること
その辺りは結構不満でしたけど、
なかなかに面白い作品でした。

※画像は(c)Electronic Arts Inc. Paramount Pictures.ソースネクスト


EA BEST HITS ゴッドファーザー ドン・エディション【CEROレーティング「Z」】

EA BEST HITS ゴッドファーザー ドン・エディション【CEROレーティング「Z」】

  • 出版社/メーカー: エレクトロニック・アーツ
  • メディア: Video Game



blogram投票ボタン
(よろしかったらポチお願いします)

(追記9/6)
スパムコメントが続々来るため画像認証に戻させていただきました。
ご了承ください。
nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ゲーム

NARUTO ナルト ナルティメットストーム(バンダイナムコゲームス) [プレイステーション3]

根強い人気を誇る作品、NARUTO。
自分も未だにBSジャパンのアニメを見ておりますが
どちらかといえば少年時代の方が好きでして、
その少年編をまるっと収めたのがこの作品です。

といいつつザブザが出てこなかったり
(「あしたのジョー」でウルフ金串戦が無いような感じ)
音の五人衆が省略されてたりしますけども・・・。

さて、
本作にはストーリーモードと格闘モードがありまして、
メインであるストーリー(アルティメットミッションモード)は
主人公ナルトを操作して任務をこなしていくというつくりになっています。
で、早速始めたところ

naruto7.jpg

3Dで再現された木の葉の里を自在に動けることに驚かされました。
キャラクターのモデリングも出来が良く、
作画が不安定なことが多かったアニメよりいいんじゃないか
というくらいでした。
上記に加えて
巨大キャラバトル(ガマとかが戦う)も相当な迫力であり、
日頃ゲームのハイスペック化を快く思っていない自分も
これはマシンパワーあっての事なんだろうなと感心したのでした。

ただ、
動けるのは木の葉の里だけで
そこにいる里の人の多くは何のリアクションもないばかりか
話しかけることすらできず

naruto6.jpg
(原作で名前があるようなキャラは当然話しかけられる)

ものすごく広くて美しい町並みだけど
息が通っていない
早いはなし生きている感じがしないという
残念な事になっていたのでした。

あと任務はまだいいにしても
その合間に巻物集めという作業があり
里に散らばった巻物を回収していくのですが、
これが時間稼ぎイベント以外の何物でもない単調さなのに
集めないと技が増えないため集めざるを得ない・・・
でちょっとした苦行でした。

naruto5.jpg
(ラーメン屋での任務は食材集め)

一方の格闘モードは
キャラクターの出来が良いこともあって
とても楽しいです。
原作に合わせて三人セット(スリーマンセル)で選びますけど
操作するのは一人であとはサポートキャラとなり、
ボタン一発で援護(使った後はしばらく充電期間)という扱いです。

naruto4.jpg
naruto1.jpg
(初期から選べる12人。原作通りの組み合わせじゃなくてもOK)

とんだり跳ねたり飛び道具を飛ばしたりで
大味なのは間違いないですけれど、
それがスピーディかつテンポの良いバトルになっていて面白いです。
なかでも特に
各キャラクターに一つずつある奥義がいいです。
ゲームオリジナルの技なんですが
大仰な演出と豪快なアニメがわくわくさせてくれます。
内なる自分が大暴れするサクラはちょっとどうかと思いますが・・・(笑)。

naruto2.jpg
(テンテンちゃんの奥義)

なお奥義はきっかけの技がヒットすると
表示されるボタンを連続して押していけば発動し
押し損なうと回避されるという仕組みになっています。

naruto3.jpg
(ヒットした奥義。普通なら死にそう)

というわけで
キャラゲーの新時代を感じさせる部分も大いにありながら
結局のところ従来のキャラゲーの枠内にとどまった感のある本作。
既に発表されている2がどんなものになるのか非常に興味深いです。

※画像は(c)岸野・集英社・テレ東・ぴえろ・NBGI


NARUTO-ナルト- ナルティメットストーム PlayStation3 the Best

NARUTO-ナルト- ナルティメットストーム PlayStation3 the Best

  • 出版社/メーカー: バンダイナムコゲームス
  • メディア: Video Game



blogram投票ボタン
(よろしかったらポチお願いします)
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム
前の5件 | 次の5件 プレイステーション3 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。