So-net無料ブログ作成
検索選択

Tearaway テラウェイ ~はがれた世界の大冒険~(SCE) [PS Vita]

あと数時間しかありませんが・・・
本年度のどらお版ゲームオブザイヤーは、
PSVitaのテラウェイに決まりました!
本作が出る前は拮抗していた年度ナンバーワン争いも
この作品登場によりあっさり決着したのでした。

teara1.jpg
(主人公・アトイ。男の子版も選択可能)

ジャンルは3Dアクションアドベンチャーになります。
つまり・・・
私の苦手とするジャンルです(汗)。

teara2.jpg

しかしながら
難易度が易しめで、
失敗時のペナルティがほとんど無く(ちょっと戻されるだけ)、
自分で視点をグルグル回したりしない限りは酔うこともない、
それでいてぬるすぎる感も無いという
おもてなしの心に満ちあふれたつくりゆえ、
全くストレスを感じずエンディングまで遊ぶことができました。

teara7.jpg

そして特筆すべきなのが、
無理なくVitaの諸機能を使わせていること。
これまでは背面タッチパッドなんて
使っているソフトこそあったものの、
とりあえず使ってみたみたいなありきたりな用法ばかりでした。
それがこのテラウェイでは
存在感たっぷりな使い方をされています。
正直最初見たときはじぇじぇじぇ!となりましたよ。
何せ指がドーン!って出てくるのですから。

teara13.jpg

カメラにしても
いかにもな使われ方ではなく、
この世界の太陽に開いてしまった穴から
何か顔が覗いてるな~・・・と思っていたら
自分の顔だった(爆)みたいな
プレイヤー強制参加的仕掛けだったり、
そこら辺の物を撮影すると

teara9.jpg

それがキャラクターの柄になったりという風に
内外両面のカメラを上手く使わせてくれています。

teara10.jpg

静電式ゆえDS系のような細かい判定が苦手な
タッチスクリーン(表面)も、
登場人物の身につける物をざっくり切り抜いて

teara11.jpg

付けてあげるという創造性をかきたてるものや、

teara12.jpg

道中にある障害を
主人公のためにどけてあげたり、
プレゼントボックスなどを開封してあげたり
敵を撃退する手助けをしたりする
サポートにも活用されており、
ワクワク、感心させられっぱなしでした。
あ、
モーションセンサーを使ったバランスものや
声を使う場面もあるため、
寝ながらプレイや暗い中でのプレイには
ちょっと無理があります。
ご注意を。

teara16.jpg

お話としては、
紙の世界にある太陽に突然開いてしまった
穴から世界を覗く顔、
その名も「かみサマ」に
特別なメッセージを届けるため、
主人公の封筒が冒険の旅をするというものです。

teara8.jpg

あと少しで届きそう・・・となると
なぜか語り部が邪魔をして
次のステージに進むという、
「君の名は」的じれったさを伴いつつ、
まだ先を遊べることを喜びながら
どんどんと進んでいくわけです。

teara14.jpg

ストーリーそのものは
そんなに饒舌じゃないですし、
やや薄めの味付けと言っていいくらいなのですけれど、
何か一つ一つが心に訴えてくるというか
胸にしみるものとなっています。

teara15.jpg

先述の諸機能を使ったいろいろな試みや、
デザインをはじめとして
ステージ構成、演出、効果音などなど
紙の世界という設定を生かし切ったことが、
面白さや楽しさ、美しさにつながっているのは
間違いありません。

teara17.jpg

そんな
本作の制作陣には拍手喝采を送りたいと思います。
日本のスタジオじゃないのが
悔しいようなうらやましいような・・・。

teara6.jpg

そうそう、
このテラウェイはゲーム内にとどまらず、
ゲームと連動した特設サイトから
ペーパークラフトの設計図をダウンロードすることで
さらに楽しむことができます。

teara18.jpg

紙の世界を舞台としたゲームだけあって、
ゲームに出てきたキャラクターそっくりの
ペーパークラフトを作ることが出来ます。
ちょっと時間はかかりますけど
達成感もありますよ。

teara19.jpg

というわけで
良いお年を~♪

※画像は(c)SCE


Tearaway ~はがれた世界の大冒険~

Tearaway ~はがれた世界の大冒険~

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。