So-net無料ブログ作成

宇宙船ダムレイ号(レベルファイブ) [ニンテンドー3DS]

ギルド02の一本で、
「かまいたちの夜」を手がけた二人によるアドベンチャーゲームです。
現在の所ダウンロード版のみとなっております。

内容は
宇宙船のコールドスリープ室で目覚めたものの
なぜかそこから出ることのできない主人公が、
作業用ロボットを遠隔操作して
宇宙船内を探索するというものです。

dam2.jpg

まずは
故障しているオペレーションシステムを
再起動させるところから始まるのですけども、
これが何というか
いにしえのテキスト入力式アドベンチャーゲームのような
風味が漂っており、
懐かしい気分で遊ぶことができました。

で、
OSが復旧して
作業用ロボが使えるようになると
新たな展開というか本編が始まります。
ロボットと言っても、
「デッドゾーン」のキャリーやアニメのウォーリーの
自分で考える能力を無くしたような
シンプルなものですので、
いろんな所で詰まってしまうわけです。

dam1.jpg

それらを
そこらじゅうに点在している手がかりを元に
解決しつつ探索地域を広げ、
話を進めていきます。
このロボット操作によるパートは、
これまたパソコンの
3D探索型アドベンチャーゲームのようで
ワクワクしながら遊ぶことができました。

ただ、
惜しむらくは
ボリュームが少ないです。
毎日ちょびっとずつ遊んでいた自分だと
それほどでも無かったですけれど、
一気に進めるような人なら
あっという間に終わってしまうかも知れません。

それと「怪獣が出る金曜日」もそうだったように
公式サイトがもう一つミスリードをしている感があり、
単なる「ちいさなメダル」的存在のスペースリーチ(宇宙害虫)も
襲ってくるんじゃないかと思ってしまいそうですし、
説明無しヒント無しというのも
実際は落ちているノートやらにヒントが書かれている
親切仕様でちっとも詰まらない事から、
ただ敷居を上げてしまっているだけのような気がします。
あと
ハッピーじゃないっぽい終わり方も何ですけども、
そちらは
他の受け止め方も出来なくもないので
まあいいんじゃないでしょうか。

dam3.jpg

正直なところ
結構好き嫌いが分かれそうな作品です。
が、
自分はかなり合いました(笑)。

dam4.jpg

※画像は(c)レベルファイブ
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

怪獣が出る金曜日(レベルファイブ) [ニンテンドー3DS]

著名クリエイターによる小品を集めた前作
GUILD01(ギルド01)につづく
ギルド02の一作です。
ただし今回はダウンロード販売のみとなっております。

さて、
この「怪獣が出る金曜日」は
「ぼくのなつやすみ」等で知られるミレニアムキッチン製作の
アドベンチャーゲームです。
舞台が世田谷区にある架空の街ということで
田舎というわけではないのですけども、
昭和46年ということもあって
まだまだ空き地や野っ原、田園の残る風景は
じゅうぶんに風情のあるものとなっています。

kaiju2.jpg

小品ゆえの限界なのか自由度は低く、
ストーリーを追いかけていくと
わりと早くにエンディングを迎えてしまいますが(その後少々)、
家の近辺をうろうろと散策しつつ
その合間に怪獣カードバトル(虫相撲的存在)を遊ぶあたり、
任天堂ハードで遊べる「ぼくなつ」的ゲームと言って
差し支えないように思います。

kaiju4.jpg

じゃあ
「ぼくなつ」プレイヤーには魅力が無いのか?というと
そうではなく、
独自の雰囲気が楽しい内容となっています。
タイトルに始まり
近隣のテレビ局や美術倉庫の存在等々、
終盤までSFなのかそうじゃないのか悩ませてくれる
少しひねりの利いたストーリー。
台詞は声無しなのに
「賢明なる諸君!」と唐突に始まる
お姉さんによる解説や
近くを走る電車などの環境音は声入りであること。
あと
のんびりした矢野顕子氏っぽい主題歌と
個人的にいろいろとツボでした。

kaiju1.jpg

加えて
ストーリーともしっかり関連している怪獣カード。
道ばたに落ちている
怪獣のかけらを集めると
カードになるというもので
(早い話が金銀エンゼルみたいな感じ)、
そのカードを5枚デッキにして対人バトルをする
怪獣カード合戦(いわゆるミニゲーム)が
これまた良い味を醸し出しています。

kaiju3.jpg

大昔のソーセージに付いていた
(半分くらい日ハムの選手だった)野球カードのように
隅っこにジャンケンマークが付いており、
基本はじゃんけんの勝ち負けで、
あいこの場合はカードの強さによって勝敗をつける
至ってシンプルなルールなのですが、
先攻時に二枚、後攻時に一枚
ランダムに勝敗が表示され
(つまり三人目がいるのでしょう)、
そこでカードの順番を二枚だけ変えられるため、
単なるカードの良し悪しと運だけのゲームにはなっていないのでした。
ただ
終盤はグーチョキパー以外の特殊カード投入により
一筋縄ではいかなくなっていて、
やや爽快感が薄れています。

kaiju5.jpg

そうは言いながらも、
ちょっとした余韻の残る
なかなかに忘れがたい作品でした。

kaiju0.jpg

※画像は(c)レベルファイブ
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。