So-net無料ブログ作成

太閤立志伝5(コーエーテクモ) [PSP]

光栄が「歴史物の光栄」(あるいは値段が高い光栄)と呼ばれていた頃、
得意部門であるシミュレーションゲームに
ロールプレイング要素を取り込んだ、
リコエイションゲーム(自称)というジャンルの作品を登場させました。

その中でも
『大航海時代』シリーズと並ぶ存在だった
『太閤立志伝』シリーズの5作目で
今のところ最終作である『太閤立志伝V』を紹介します。

taiko1.JPG

忍者の世界を描いた『伊忍道』が好きだった自分としては
このシリーズは気になっていたのですけれど、
どうにも豊臣秀吉という人があまり好きになれなかったため、
第5作のPSP移植版の廉価版のダウンロード版(をVitaで遊ぶ)
という所まで来てようやく手にする気になったのでした。

taiko2.JPG

本作では
秀吉をはじめとした武将(武士)でのプレイは元より、
服部半蔵などの忍者、
村上武吉などの海賊、
納屋助左衛門などの商人を
主人公、プレイヤーキャラとして遊ぶことができ、
それぞれ
水軍砦の統一や忍の里統一、商人司になることや
支持する大名家の天下統一を手伝うなど
一風違ったゲーム性を楽しむ事ができます。
他にもメインではありませんが
剣豪、鍛冶屋、医者、茶人と
RPGにおけるスキルみたいなものが各種あるのに加え、
日本三景をはじめとした名所巡りや
(主に旅籠の娘を対象とした)嫁取りなど
書き尽くせないほど多種多様な要素がちりばめられた、
途方もない情報量を誇っているゲームでもあります。

taiko3.JPG
(イベントは朝倉戦の殿軍までしか追えず)

初プレイ時は選べるシナリオや主人公が限られておりますけれど、
遊んでいるうちに「札」として増えていくシステムになっており、
これまでの光栄系作品では
パワーアップキット(いわゆる完全版)に収録されていたような
オリジナルキャラ作成などの要素も、
プレイが進むごとに追加されていきます。

taiko5.JPG
(型は「うつけ」にするのだった)

武将などの合戦シーンも
一昔前の『信長の野望』的な感じで遊びやすく、
有名人物の場合は個別イベント(「三本の矢」みたいな)もあったりして
先が気になる作りになっています。
もちろんというか何というか
光栄SLGにありがちな終盤にだれるという点は
この作品にも若干当てはまりますけれど、
秀吉プレイで信長の家臣としてほとんど全国統一まで持って行き
そこから独立して完全統一するまでの
100時間超を飽きずに遊べてしまったのは、
本当にすごいと思いました。

taiko4.JPG

昔の光栄の歴史物が好きだったんだよなぁ
という方ならきっと楽しめるでしょう。

※画像は(c)コーエーテクモ


コーエーテクモ the Best 太閤立志伝V

コーエーテクモ the Best 太閤立志伝V

  • 出版社/メーカー: コーエーテクモゲームス
  • メディア: Video Game


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。