So-net無料ブログ作成
検索選択

マイケル・ジャクソン ザ・エクスペリエンスHD(UBIソフト) [PS Vita]

2009年に亡くなった、
マイケル・ジャクソンの楽曲を使用した音楽ゲームです。
このVita版は本体と同時に発売されました。

mjv1.jpg

多くのハードで発売された作品のVita版ですが、
体感ゲームである据え置き機版とは異なり、
画面をタッチしてプレイすることとなります。
ボタン操作でない分
判定もある程度アバウトになっており、
一般的な音ゲーに比べ難易度が低く
とても遊びやすいです。
ただ
Vita版の場合は本体同発ソフトという事もあってか
背面タッチまで操作に加えてくれているため、
そこのところはストレスがたまりがちです。
とは言っても主要な操作ではないため、
出来ないところで先には進めますのでご安心を。

mjv7.jpg

海外・国内の両方を見渡しても珍しい
ファンじゃなくてもたくさんの曲を聴いたことがあるという
押しも押されぬ大スター、MJ。
10年以上前にアルバムをひとつ買っただけという自分も
全ての曲で楽しむことができました。
が、
据え置き機版より曲数が少ないようですので
そこはご注意下さい。

mjv3.jpg

導入などで流れるムービーは
プロモーションビデオを
わざわざCGにしているため、
元のPVも見せて欲しかったとは思います。

mjv4.jpg

加えて、
肝心のマイケル自体が
微妙に似ていないというか
そっくりさんっぽいというか
マネキンのような人形のような感じも
しなくはないのですけれど、
イントロが流れてくるだけで思わず反応してしまうような
曲が多いため、
遊んでいるとあまり気になりません。
冷静になったらちょっと気になるかなという感じです。

mjv5.jpg

生前から
セガのゲームでおなじみだったマイケル。
『スペースチャンネル5』に至ってはジャンルも同じ音ゲーでした。
しかしながら、
世界を代表する大スターだった氏の
楽曲をそのまま使っているこの作品は
以前のゲームたちとはまた違った味のある、
懐かしい気分や
ぜいたくな気分にさせてくれるものでした。

mjv8.jpg

※画像は(c)UBIソフト


マイケルジャクソン ザ・エクスペリエンスHD

マイケルジャクソン ザ・エクスペリエンスHD

  • 出版社/メーカー: ユービーアイ ソフト
  • メディア: Video Game



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

太閤立志伝5(コーエーテクモ) [PSP]

光栄が「歴史物の光栄」(あるいは値段が高い光栄)と呼ばれていた頃、
得意部門であるシミュレーションゲームに
ロールプレイング要素を取り込んだ、
リコエイションゲーム(自称)というジャンルの作品を登場させました。

その中でも
『大航海時代』シリーズと並ぶ存在だった
『太閤立志伝』シリーズの5作目で
今のところ最終作である『太閤立志伝V』を紹介します。

taiko1.JPG

忍者の世界を描いた『伊忍道』が好きだった自分としては
このシリーズは気になっていたのですけれど、
どうにも豊臣秀吉という人があまり好きになれなかったため、
第5作のPSP移植版の廉価版のダウンロード版(をVitaで遊ぶ)
という所まで来てようやく手にする気になったのでした。

taiko2.JPG

本作では
秀吉をはじめとした武将(武士)でのプレイは元より、
服部半蔵などの忍者、
村上武吉などの海賊、
納屋助左衛門などの商人を
主人公、プレイヤーキャラとして遊ぶことができ、
それぞれ
水軍砦の統一や忍の里統一、商人司になることや
支持する大名家の天下統一を手伝うなど
一風違ったゲーム性を楽しむ事ができます。
他にもメインではありませんが
剣豪、鍛冶屋、医者、茶人と
RPGにおけるスキルみたいなものが各種あるのに加え、
日本三景をはじめとした名所巡りや
(主に旅籠の娘を対象とした)嫁取りなど
書き尽くせないほど多種多様な要素がちりばめられた、
途方もない情報量を誇っているゲームでもあります。

taiko3.JPG
(イベントは朝倉戦の殿軍までしか追えず)

初プレイ時は選べるシナリオや主人公が限られておりますけれど、
遊んでいるうちに「札」として増えていくシステムになっており、
これまでの光栄系作品では
パワーアップキット(いわゆる完全版)に収録されていたような
オリジナルキャラ作成などの要素も、
プレイが進むごとに追加されていきます。

taiko5.JPG
(型は「うつけ」にするのだった)

武将などの合戦シーンも
一昔前の『信長の野望』的な感じで遊びやすく、
有名人物の場合は個別イベント(「三本の矢」みたいな)もあったりして
先が気になる作りになっています。
もちろんというか何というか
光栄SLGにありがちな終盤にだれるという点は
この作品にも若干当てはまりますけれど、
秀吉プレイで信長の家臣としてほとんど全国統一まで持って行き
そこから独立して完全統一するまでの
100時間超を飽きずに遊べてしまったのは、
本当にすごいと思いました。

taiko4.JPG

昔の光栄の歴史物が好きだったんだよなぁ
という方ならきっと楽しめるでしょう。

※画像は(c)コーエーテクモ


コーエーテクモ the Best 太閤立志伝V

コーエーテクモ the Best 太閤立志伝V

  • 出版社/メーカー: コーエーテクモゲームス
  • メディア: Video Game


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

uketorne ウケトルネ(SCE) [PS Vita]

ここ二年ほどサボり気味だったけど、
二ヶ月もほったらかしとは
サボるにも程があるね・・・
ふざけとるね・・・
という事で
久方ぶりの今回は
ウケトルネをお送りします。

uketor3.jpg

さて、
このウケトルネは
名前にも入っているように
トルネ及びナスネ、加えて
「おでかけ転送」に対応したソニーのレコーダー(一部除く)で
録画した番組(そのレコーダーで録画したデジタル放送のみ)を
Vitaに取り込むというソフトです。

uketor4.jpg

そうして持ってきた番組は
Vitaアプリの「ビデオ」にて見ることができます。
高画質設定だと綺麗な映像を見ることができますし、
途中でスリープ等の中断をしてもその位置を覚えているので
見ていたところを探すストレスもありません。
かつてのレコーダーでは
端末用の画像に変換するため
再生と同じくらいの時間を要したりして、
正直あまり便利な印象はありませんでしたが
移行時間もずいぶんと改善されました。

uketor1.jpg

トルネもナスネも持っていない自分としては、
このウケトルネは
残念ながら使いどころのないソフトだと思ってきました。
しかしながら、
元祖スカパー!(スカパー!SDことスカパー!プレミアム標準画質)が
来年五月に終了するので仕方なく購入した
ソニーのスカパー!HDチューナー付きレコーダーが
この「おでかけ転送」に対応していたため、
思わぬ所から使えるようになったのでした。

uketor2.jpg

デジタル放送なので
ダビング10の回数が一つ減るのは当然として、
スカパー!のコピーワンスだと
いわゆるムーブ扱いになって、
レコーダーの方の番組が消えてしまうんじゃないかと
その点がいささか心配であったのですけれど、
「おかえり転送」という
録画元のデータを再生不可な保留状態にしておいて、
移行先の端末で見終わった後に
戻すという作業をすることで復活する
制限が世知辛い今の時代に対応したモードがあり、
不安も解消されたのでした。

uketor5.jpg
(この画像でドリームパスポート2を思い出してしまったり)

これでVitaが更に魅力的なハードになったぞ~♪
(ゲームもしましょうね)

※画像は(c)SCE/NHK





タグ:ウケトルネ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。