So-net無料ブログ作成
検索選択

タイピングマスターソフト 虎打 タイガーマスク(SSIトリスター) [パソコン]

虎だ!虎打!お前は虎になるの打!打~っ!

というわけで今回は、
近年
子供たちに匿名でプレゼントを贈った方たちが
本作の主人公の名前を名乗っていたことでも知られる
『タイガーマスク』を題材としたタイピングゲーム、
虎打をお送りします。

tiger2.jpg


強くなると言い放って
孤児院から飛び出した少年、伊達直人が
悪役レスラー育成機関、
虎の穴の猛特訓に耐え
タイガーマスクとしてプロレス界でデビュー。
しかしながら
自分の育った施設の経営を助けるため
上納金(ファイトマネーの半分)に手を出してしまい、
裏切り者と組織からつけ狙われ
送り込まれる刺客と戦い続ける・・・
というお話です。

tiger3.jpg

漫画である原作とアニメで
話の基本線は同じなのですけれど、
中盤からの展開は大きく異なり、
個人的には数少ない
アニメの方が好きな作品だったりします。
本作もアニメ版準拠となっています。

tiger4.jpg

タイピングソフトにもいろいろあり、
自分が一番重視しているのは
ローマ字入力における
文字対応の柔軟さなのですけども、
このソフトはその部分が優秀でありがたかったです。
例えば「てぃ」の場合「thi」が一般的な入力で
それしか対応してないなんてものもありますが、
こちらでは「texi」「teli」にも対応しているので
「x」使いとしてもストレス無く遊ぶことができました。

tiger5.jpg

アニメを題材としたキャラクターものでありながら、
タイピングソフトとしての機能が
しっかりと作られているのには
好感が持てました。
数字や句読点もバンバン入ってきて
なかなか鍛えられてる感じがします。
ただ
終盤の話になると
「~」とか「%」みたいなのも入ってくるため
猛烈に難しくなってきます
(恥ずかしながらイージーでクリア)。
そうそう、
今まで「~」を「から」で変換してた人としては
Shiftキー同時押しで入力できるキーがあったことに
目から鱗でした(笑)。

tiger6.jpg

タイピングソフトには必須といえるトレーニングも
虎の穴の幹部である
悪のプロモーター・ミスターXに指導されるという
タイガーマスクの世界に沿ったものとなっていて、
地獄のトレーニング気分を味わうことができました。

tiger12.JPG

ソフトの構成としては
ストーリーモードが全6話+オマケとなっており、
アニメの映像から持ってきた静止画によるあらすじを経て
タイピング本番がスタートします。
話数によって
対戦相手に即したギミックが施されていることもあり、
飽きることなくクリアまで到達できました。

tiger7.JPG
(頭に見える部分は鉄球なので下に表示された言葉を打鍵する)

主題歌や劇中の音楽も
アニメで使用されたもので、
新たにゲーム用に描かれたイラストも
雰囲気が維持されています。
原作やファンに対する敬意は
家庭用ゲームのキャラゲーと比べても
最上級と言っていいんじゃないかと思います。

tiger9.JPG
(麻酔で朦朧としているため相手が複数に見えてる)

なお
声の担当は
既に亡くなられている(タイガーマスク役の)富山氏だけでなく
全部のキャラクターが当時とは別人ですけれど、
ベテランが多いからか
思ったほどの違和感はありませんでした。

tiger10.JPG
(輝く顔のまわりを回転している数字も一緒に打ち込む)

唯一かつ最大の不満点は
アニメの3分の1くらいしか描かれていないため、
赤き死の仮面やイエロー・デビル、
幻の三幹部にミラクル3という
超重要キャラが出ていない
(つまりストーリーも未完である)ことでしょうか。

続編を出す予定だったのかなぁ・・・。

※XP以前のPC対応ですので今から買われる場合はご注意あれ。
※画像は(c)SSITristar/梶原・辻/講談社/東映アニメーション





タグ:虎打
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。