So-net無料ブログ作成

怪獣バスターズ(バンダイ) [ニンテンドーDS]

オリジナリティのある大ヒット作が出た後には
必ず二匹目のドジョウを狙った作品が雨後の筍のように続くゲーム界。

インベーダー、ドラゴンクエスト、テトリス、
ストリートファイター2、ときめきメモリアル、等々・・・。
最近ではグランドセフトオートや
モンスターハンターがそんな存在だと言っていいでしょう。

インスパイアにパクリと言い様はいろいろですが、
それら後発ソフトの出来には
志や技術、能力、資金、開発期間の有無etc.によって
月とスッポンほどの差があり、
スッポンだらけなんて状況だと
かつてのギャルゲーのように一過性のブームで終わってしまう事になるのです。

ultra1.jpg

そんな中、
幸いにもというかモンハンフォロワーは
それなりに粒ぞろいの作品が揃っており、
元々プレイ時間的なコストパフォーマンスに
優れていることも相まって
狩りゲーム人気はまだまだ続くように見えます。

その初期モンハンフォロワーのひとつで
続編も出たちょっとした成功作が
この怪獣バスターズです。

ultra2.jpg

DSソフトゆえ
ポリゴンはカクカクですし、
十字キーでの操作はぎこちなく、
二画面である事を除けば、
本家より優れている部分は
ほとんど見あたりません。

しかしながら、
遊んでいると思いのほか熱くなってしまうのです。
それはなぜか。
怪獣がウルトラ怪獣、
つまりウルトラマンシリーズに出てきた怪獣だからなんです。

ultra3.jpg

エレキングやレッドキング相手に
バズーカ砲をぶっ放して戦うという、
科学特捜隊の一隊員になったような
そんな気分になることができる。

ウルトラマンシリーズを見て育った人ならば
それだけで十分なセールスポイントになり得るでしょう。

ultra5.jpg

一人で戦ってる割に
プレイヤーは攻防共に強すぎて、
ゼットン(ウルトラマンを倒した怪獣)を
科特隊(地球人)が倒してしまったみたいな、
あるいはボトムズ(ロボットアニメ)の外伝で
歩兵がAT(戦闘用大型ロボット)を倒してしまうような
そんなシチュエーションにふと気づき、
ちょっと白けてしまったり、
コスチュームは科特隊(初代ウルトラマンの防衛軍)でも
実際は何のつながりもない設定に
物足りなく感じてしまうこともしばしばでした。

それでも
たまに遊ぶとエキサイトしてしまうあたり、
さすが長年のウルトラ成分の蓄積(刷り込み)は違うな
なんて思わされてしまうのでした。
何だかんだ言って
キャラゲーとしては高いレベルにあると思います。

ultra4.jpg

それでは
プウ~プウプププ、
かいじゅうバスターズ♪(違っ)

※画像は(c)バンダイ・円谷プロ


怪獣バスターズ(特典無し)

怪獣バスターズ(特典無し)

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: Video Game


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。