So-net無料ブログ作成
検索選択

スポーツチャンピオン(SCE) [プレイステーション3]

(Move専用ソフトです)

PS2時代にアイトーイ(EyeToy)で
身体を使って操作する、
いわゆる体感ゲームに
いち早く手を付けておきながら、
後付け機器であることや
ゲームゲームした作品が無かったこともあり、
一部で好評を博したのみに終わってしまったSCE。

そもそも
(価格が一番でしょうけど)
ファミリートレーナーをはじめとして
それまで国内で体感ゲームが
まともに流行った事はなかったこともあってか、
PS3にカメラ系コントローラが同梱されることはありませんでした。

しかしながら
体感ゲームを前面に押し出した
後発のWiiが世界的なヒットを飛ばし、
PS3はイマイチ波に乗りきれずという状態であったために、
かつてのアイトーイを彷彿とさせるPlayStation Eyeを
より精度を高めるためのMoveコントローラと共に
またまた後付け機器として投入したのでした。
後付け機器でヒットしたのは(Wiiの)バランスボードくらいなのに・・・。

そんなムーブの初回投入ソフト群のひとつです。

全てのゲームがムーブコントローラ一本で遊べますけども、
二本持っていると対戦ができますし、
何より
一人用で二本持ち対応の種目があることから
二本用意されることを強く勧めたい
そんなゲームです。

スポーツチャンピオンと言うだけに
それぞれスポーツを題材にしたゲームが
詰め合わされているのはイメージ通りなのですけれど、
メジャーなスポーツじゃないというか
このゲームオリジナルじゃないの?という物も混じった
ユニークな編成の全六種目をプレイします。

中でも一番オススメしやすいのが
卓球でして、
プレイしている感が抜群なので
スポーツとしての卓球をやっているような
楽しみ方が可能です。

sportsc.JPG

そして
二本持ちだと面白さが倍増するのが
ビーチバレーとグラディエイター。
文字通り両手を動かすイメージで
レシーブしたりトスを上げたりできるのが
このビーチバレーの楽しさでして、
COMの相棒と白熱したゲームを
演じることができます。

いわゆるチャンバラのようなグラディエイターは、
片手が剣、もう一方が盾となり、
防御したりはじき返したりして
これまた熱戦を味わうことができます。
浮かせて追撃みたいな
格闘ゲーム的なコンボもあるうえに、
スポーツと言うだけに血を見ることも無いですし、
場外に落としても勝てるので
爽快な戦いを楽しめます。

他には
ご存じアーチェリー。
そして
フライングディスクをゴルフのようにした
名前そのまんまのディスクゴルフに加えて
ビー玉投げ遊びを思い起こさせる
ボッチボールと
何だかよく分からない競技が
結構あるのもこの作品の個性でしょう。

難点としては
プレイヤーキャラを用意された中からしか選べない、
一昔前のゲームのような所でしょうか。
ちなみに続編では解消されています。

フィットネスソフトでコツコツやるのが性に合わない
なんて方にも勧めたいような作品でした。

※画像は(c)SCE


PlayStation Move スポーツチャンピオン バリューパック

PlayStation Move スポーツチャンピオン バリューパック

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。