So-net無料ブログ作成
検索選択

グランナイツヒストリー(マーベラス) [PSP]

美麗な2D絵で知られるヴァニラウェアの今のところの最新作で
鼎立状態にある三ヶ国を舞台とした
ロールプレイングゲームです。

gnh261.png
(そのうちのひとつ、ユニオンの城下)

RPGとひとくちに言っておりますが
本作はユニークなつくりになっており、
オフラインではクエスト受注型の古いタイプのロープレで
そこで育てたキャラクターたちを
Wi-Fiで遊ぶオンラインモードに連れて行き(これは一方通行)
三国間の領土争いに参加させるという構成となっています。

gnh286.png
(わが国ユニオンにいる亡命皇女)

まずプレイヤーは三ヶ国から自分の所属する国を選び、
チュートリアルを受けて
騎士団員たちのキャラメイクをするところから始めます。

gnh301.png
(魔法に優れる隣国の女王)

ちなみにこのゲーム、
プレイヤーが主人公ではあるのですが(もちろんストーリーにも関わる)、
騎士団長という管理職的なポジションなので
実際の戦闘は部下である騎士団員たちが行います。
団員たちの名前は自由に付け替えられるため
あくまでも自キャラを戦わせたいという方は
平団員として登録するのがいいと思います。
チュートリアルに登場した団員は
そのままオンラインで使えるようになり、
オンオフ同時進行も可能になっています。

gnh260.png
(左は進行役でもあるプレイヤーの助手。右は名脇役)

育成モードとも言えるオフラインモードは、
双六のようなマップを移動しながら
受けたクエストをクリアしていくというスタイルなうえ
メインストーリーも終盤盛り上がるとはいえ控えめであり、
声は必要最低限、
ムービーなどの派手な演出も皆無だったりするなど
今時のゲームに馴染んでいる人には物足りないかも知れません。

gnh266.png
(移動画面。名前はデフォルト)

しかしながら、
ヴァニラウェアの美麗2D絵はバッチリですので
そちらが好きならば
戦闘しているだけでも楽しめるのではないでしょうか。

gnh283.png

育成が目的でもあるゆえに
ともすれば作業っぽくなりがちなのですけれど、
有名RPGなどで
エンディング後もレベル上げにいそしんでいたような
キャラ育成を楽しめる方ならば長く遊べることでしょう。

gnh267.png

なお
育成期間が過ぎた見習い騎士たちは、
ストーリーをクリアしておらずとも
叙任によってオンライン戦争にデビューさせる事ができ、
4人パーティを最大3つまで参戦させられます。

gnh308.png
(叙任イベント)

オンラインとは言っても定期的に同期させるという仕組みなので、
参戦エリアを指定するだけの自動参戦をさせて
時々覗くだけなんてやり方でも面白いですし、
育てたパーティに自信がある場合などは
オフライン同様の操作方法である
手動参戦で勝ち抜いていくなんて楽しみ方もあります。
オンラインにありがちな難点も、
レベルが99でストップ(長く続けたもの勝ちではない)だったり
バランスを崩しそうな技は使用制限がかかるなど
運営の工夫がいろいろと感じられます。

gnh307.png

とまあ魅力の方を中心に紹介してきましたが、
主人公を含めて管理職が参戦しないため
物語の主要キャラと戦う機会が無いことや、
ずいぶんと遅れて発売されたダウンロード版が
廉価版では無かった為に
さらなる普及にはつながら無かったことなどは
少々残念でした。
とは言いつつも
気に入った方なら何十時間も遊べるゲームだと思います。

gnh303.png

※画像は(c)マーベラス・ヴァニラウェア


グランナイツヒストリー

グランナイツヒストリー

  • 出版社/メーカー: マーベラスエンターテイメント
  • メディア: Video Game



nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 2

コメント 4

宵乃

こんにちは!
わたしも結構クリア後にレベル上げとかしてたタイプです。最近は忙しくてやってないけど。
ド派手なムービーもいいですけど、昔ながらのRPGの方が、自分の中のイメージが膨らんで愛着が湧いたりします。
”なつゲー騎士団”がいいですね~(笑)
ちょうど「スナッチャー」をクリアして、記事を書こうと思っていたところです。なつゲー好きにはたまらない作品でした。教えていただいてありがとうございました!
by 宵乃 (2012-01-27 13:06) 

setakemura

こんにちは。
このゲーム知らなかったです。
絵が良いですね。さすがヴァニラウェアと言う感じです。
DL版がもう少し安価だったらと思ったのですが、
公式サイトの漫画を読んでいたら、
遊びたくなってきました。
by setakemura (2012-01-27 17:56) 

どらお

宵乃さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
忙しくなってくると時間のかかるRPGというジャンルすら
億劫になってきますよね(汗)。
それから
昔の場合は性能や容量などの制限もあって
狙ってやっていた訳ではないのでしょうけれど、
そっけないくらいの方が想像力を働かせやすくて
そういう良さもあったんだけどな・・・と時々思います。
騎士団の名前は昔所属していたオープンSNSサイトからつけていて
ゲームではよく使っております。
あと
「スナッチャー」を気に入っていただけて本当に良かったです。
初出のMSX版ではいろいろあって
ちゃんと遊ぶのは難しかったのですが、
完全版となったPCエンジン版は
CD-ROMの威力を遺憾なく見せつけてくれた
機種を代表する名作だったと思っております。
by どらお (2012-01-27 18:34) 

どらお

setakemuraさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
ルーツは「プリンセスクラウン」あたりになると思うのですが
ヴァニラウェアの絵ってホント魅力的ですよね。
ずっと追いかけていこうと思います。
DL版については発表されたときに驚きました。
同時発売でもないのに
売る気が無いんじゃなかろうかと(汗)。
育成を終わってオンラインだけ覗きたいなんて場合は
重宝しそうなのに・・・。
ちなみに
中古価格は1000円台とお手頃になっておりますので
今ならそちらがおすすめであります(汗汗)。
by どらお (2012-01-27 18:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。