So-net無料ブログ作成
検索選択

無限航路(セガ) [ニンテンドーDS]

今年のベストゲームが準備不足なため(汗)
一番印象に残ったゲーム(ただし去年の)をお送りします。

この作品は少年海賊ユーリとなり
スタッフを率い艦隊を編成して
宇宙の大海原に踏み出すというシミュレーションゲームです。

muge3.JPG
(先導役のトスカ姉さん)

まず開始時にアニメーションムービーが流れるのですが、
作中の文章がひらがな混じりなのを見るに付け
アニメに容量を割く余裕があるなら
ちゃんと漢字フォントを作ればいいのにと思ってしまいました。
そこは数少ない不満であります。

muge2.JPG
(アニメと一枚絵はこういうタッチ)

muge.JPG
(台詞はこんな感じで表示)

とりあえずシミュレーションゲームと言いましたが
主人公やメインスタッフは戦闘経験でレベルアップするため
ロールプレイングゲーム的要素も強く、
どちらと言っても構わないでしょう。
ただ
造った艦船に艦橋などのユニット(モジュール)や砲門のような外装、
空母の場合は艦載機の搭載、
そして艦船を並べて艦隊を編成、
加えてストーリーの中で増えていく仲間達を
それぞれの職場に配備して
敵艦隊と戦っていくところは
「つくろう」シリーズに通じるものがありました。

muge9.JPG
(当然ながら前列だと攻撃が双方に当たりやすい)

人によっては煩雑に感じそうで
実際最初の取っつきがあまり良くなく
若干敷居が高いように思いますけれど、
人員や艦船のパーツをあれこれ配置して
納得のいく性能に仕上げていくのは
それだけで面白かったです。

muge12.JPG
(パーツと配置先にはいろいろな形があってちょっとパズル的)

単なる駒になりがちな名前付き船員たちも
酒場での会話などに参加するため
それ相応にキャラが立っており、
戦闘で育つこともあいまって
なかなか愛着の湧く存在になっています。

muge7.JPG
(口の悪いサブヒロイン)

muge8.JPG
(メイン格ヒロインだけど妹)

宇宙空間の移動は点と線的な構成で
星(ステーション)などをつなぐ海域にて
いわゆる雑魚敵と遭遇するようになっています。
異なる星系への移動はボイドゲートという
ワープゾーンのようなものが星系の端にあり、
そこから跳ぶという仕組みです。
これが上手く宇宙を表現できているから不思議です。

muge11.JPG
(こういう星系がいくつもある)

ストーリーは
宇宙へと飛び出した少年の成長を描きつつ、
外宇宙からの脅威など
スケールの大きな話へと広がっていくもので、
少年編と青年編の二部構成という
かなりのボリュームでした。

muge4.JPG
muge5.JPG
(演出もうまい)

その内容も
SFアニメや小説など
いろいろな所から要素を持ってきつつ
上手くオリジナルとしてまとめており、
ネタが想像できる方ならば
青年編でマッチョになったのはレイズナーかしら
などとニヤニヤできること請け合いです。
それでいて
艦船の違いによる艦橋内グラフィックの変化、

muge6.JPG

星系での宇宙港や艦船デザインの個性などなど
見た目の方もとても細かい心配りで、
昔の(高級機種の)PCゲームを彷彿とさせつつも
圧倒的な情報量で埋め尽くすという
良い意味で今風なゲームでした。

muge13.JPG
muge10.JPG
(宇宙港から惑星へは軌道エレベータで移動)

海外で主流となった
お金などが相当かかる作りのゲームでは
もはや国産ゲームは相当に分が悪いでしょうけれど、
こういう手のかかった作品を送り出している限りは
まだまだやれるんじゃないかと希望が持てる内容のゲームでした。
なのでドリームキャスト本体を思い出させる
発売すぐの売り切れによるチャンスロスが悔やまれます。

※画像は(c)セガ


無限航路

無限航路

  • 出版社/メーカー: セガ
  • メディア: Video Game



blogram投票ボタン
(よろしかったらポチお願いします)
タグ:無限航路
nice!(1)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 1

コメント 12

setakemura

こんにちは。
気になるゲームがあっても、
遊ぶ時間が無さそうという理由で
流してしまう事が多い昨今、
こういう良作を随分見逃してしまっているのが
とても残念です。
このゲームも、発売された頃、
ゲーム屋さんの棚の前で、随分迷った挙句に、
買わずに終わったことを思い出しました。
by setakemura (2011-01-01 02:13) 

宵乃

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

”戦艦=銀英伝→テンション上がる”という思考回路なわたしですが、シミュレーションゲームはFEくらいしかできません・・・。様々な数値が並んでいると頭がくらくらしちゃって(笑)
でも、グラフィックも凝ってるし、イラストも綺麗だし、世界観のしっかりしてそうな作品ですね。雰囲気だけでも楽しめました。

では、どらおさんもよいお年をお過ごし下さいませ~!
by 宵乃 (2011-01-01 12:06) 

なかじマダオ

あけましておめでとうござます。
無限航路は買ったはいいが途中で積んじゃってます(汗
クリアしたいけど戦闘時間(特にボス)考えるとちと腰が重くてw

今年も1月から気になる作品多数あり、2月には3DSと
正月から積みゲーの予感しかしませんが
1本でも多く遊びたいですな。
ということで今年もよろしくお願いします。
いつもROMばかりですんません。
肉弾は僕も機会見つけてチャレンジしてみますw
by なかじマダオ (2011-01-01 16:52) 

甘茶

あけましておめでとうございます。
今年も変わらぬお付き合いをして頂けると嬉しいです。

今回ご紹介のゲーム、全くノーマークでしたが、
ニンテンドーDSとは思えない本格的造りのゲームで
興味をそそられました。

セガのゲームという事もあり、セガ派の当方としては
そのうちにプレイしてみようと、大いに喚起されました。
レトロさを兼ね備えつつ、新規な絵柄やゲーム性が
あるような感じで、面白そうです。

当方が知らない情報を知る事が出来るという
意味でも、どらおさんのブログはありがたく
重宝させて頂いています。
by 甘茶 (2011-01-02 05:50) 

どらお

setakemuraさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
このゲームの場合は
分岐で仲間が違ってきたりもするので、
setakemuraさんのプレイスタイルだと
二周遊びたくなるかも知れないです。
なので
ゲーム内容はお気に召すと思うのですけど
その辺りがネックで猛プッシュし辛いところであります。
山ほどゲームが出るのも考え物ですね。
by どらお (2011-01-02 16:49) 

どらお

宵乃さん、
あけましておめでとうございます。
コメントありがとうございます。
敵キャラ(ライバル)の一人が
ラインハルト(シャア)っぽい外見で
陣営同士の争いや艦隊戦など
銀英伝っぽさもあるゲームなのですけれど、
数値が並んでいると・・・という場合は
ちょっと楽しみきれないかも知れないです。
自分も最初は「うっ」と来ましたし(汗)。
何か敷居が高いんですよね~。
今年もよろしくお願いします。
by どらお (2011-01-02 17:08) 

どらお

なかじマダオさん、
あけましておめでとうございます。
コメントありがとうございます。
ありゃ、そうでしたか(汗)。
本文には書いていませんでしたが
このゲームは難易度バランスが少々変でして、
始まってすぐの少年編チャプター2が一番厳しいです。
そこを越えたら楽しくなってくると思うのですが・・・。
それから
やり込み要素が多いため
総プレイ時間は長い(50時間くらい)ですけど、
ボス戦自体はそんなに長くないんですよ。
システムが不親切で
戦闘開始時のターゲットがいつも一番艦(大抵後衛)になっており
それで弾が当たらない~長丁場というのも
序盤に陥りやすい罠だったりします。
あと
肉弾はダンスレボリューションのような驚きは無いですけれど、
それでいてプレイ感覚が新しいというユニークなゲームでした。
今年もよろしくお願いします。
by どらお (2011-01-02 17:13) 

どらお

甘茶さん、
あけましておめでとうございます。
コメントありがとうございます。
ポリゴンは荒いですし
キャラクターも今風でなく、
何かとレトロっぽい雰囲気のゲームなんですが、
これでもかという作り込みで
満足度の高い仕上がりになっております。
こちらこそ今年もよろしくお願いします。
by どらお (2011-01-02 17:19) 

犬塚ケン

明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします。

認証コードの件、わざわざありがとうございました。
(実ははやくも東京に戻っています)
自分のPCは、ブラウザがコードを記憶してるし問題ないんですが、
昨日うまく行かなかったのは、
ボクが単に画像を読み間違えたのか、他に原因があるのか……。

このゲーム、題材的に気にはなりつつも、
あからさまな敷居の高さに余裕でスルーしました。
敷居を低く見せる小細工すらないし(笑)。
でも、「宇宙戦艦をつくろう!DS」って感じのゲームでもあるんですね。
戦艦名が、いかにも「どらお流」なのがおかしい。
自分流の遊び方で楽しめるなら、挑戦してみたいです。
艦橋内のグラフィックも、かなり良いですね~。

結局まだ手を出してないScribblenautsも出るし、
ラストストーリーの戦闘がなんだかすごいし、
ハード転換期はやるゲームが多くて、目移りして困りますね~。
by 犬塚ケン (2011-01-02 17:32) 

どらお

犬塚ケンさん、
あけましておめでとうございます。
コメントありがとうございます。
画像認証の文字がやたらと歪められている場合は
自分も読み違えることが結構あるのですが、
原因は一体何だったんでしょうね。
それからおっしゃるとおり、
敷居を低く見せようともしてないというのは
さすがに問題ですよね。
まあそこもPCゲームっぽいっちゃあそうなんですが、
セーブする際にいつも一番上にカーソルがあったり
インターフェースにすら気を遣ってないのは
今時のゲームとして落第だと思います(汗)。
あ、艦船名まで見て(指摘して)いただき
ありがとうございます(照)。
艦橋内のグラフィックは移動時も表示されていて
光の点が段々大きくなって星になる演出とか
良い味を出してました。

ハード転換期は「枯れた技術の・・・」じゃないですが
性能をしっかり活かした良作が多くて
ある意味楽しい時期でもありますね。
ラストストーリーはASHのダメージでマークしてなかったんですけども
戦闘がすごいんですか・・・気になってきたかも(笑)。
今年もよろしくお願いします。
by どらお (2011-01-02 17:56) 

おかもろ(再)

ハッピーニューイヤーです。

スペースオペラ的なゲームのようで惹かれます。
星系の画面とかは「ディーヴァ」みたいですね。
私は宇宙が舞台のゲームが好きなのですが、
近年は少なくなりました。

戦艦名の「ベーマガ」「ゲークエ」などには笑いました。
一番上のお姉さんもいいですね。
by おかもろ(再) (2011-01-02 20:52) 

どらお

おかもろ(再)さん、
あけましておめでとうございます。
コメントありがとうございます。
そうなんですよ。
30分のアニメで一年間放送できそうなお話なんです。
ちなみに
自分がPCゲームみたいと言ってる一因に
一部画面が「ディーヴァ」っぽいからというのがあります。
考えてみると
今頃は宇宙が舞台のこういったゲームって
海外を含めれば「マスエフェクト」という大作があるものの
本当に少なくなりましたね・・・。
なお
艦名は後半になってくると読んでたゲーム誌一択というおざなりさでした(汗)。
お姉さんは見るからにガラが悪そうなんですが
メーテル的役回りだったりします。
by どらお (2011-01-03 17:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。