So-net無料ブログ作成

オトナファミ 2011年2月号(エンターブレイン) [雑誌]

タイトルに「ファミ」と付く事から
ファミ通系だと容易に想像できるこの雑誌。
以前書店で少し眺めてみたところ
ターゲット層がよく分からないというか
俺様(誰)がターゲットじゃない事は分かったという感じで
その後は手に取ることがありませんでした。

しかしながら
今月号は妙に分厚く
というか挟んである付録が嵩張るためにふくれあがっており
思わず目を引いてしまったのでした。

どんな付録なのか見てみると、
動物写真家・岩合氏の世界ごろ猫カレンダーに
プラスなど文房具メーカーから出ている
個人情報保護スタンプの簡易版、
そして
家庭用ゲーム機完全図鑑・平成編という
ごうか三だいふろく(少年誌風表現)でして、
購読している新聞のカレンダーが
月めくりからポスター型になってしまった事もあり、
付録で元が取れそうと買ってきたのでした。

fami.JPG
(本誌と付録セット)

まず必要にせまられていた猫カレンダーですが、
これが普通のカレンダーから想像される
愛らしい猫ちゃんたちではなく、
ありのままの猫という雰囲気でひと味違ったものでした。

fami2.JPG
(しょうげきのマルキン猫。駄洒落なのかしら)

スタンプは顔料インクで補充もできるようですが
あくまでも売られている物に比べると簡易なものでして、
ゲーム好きとして一番の注目である
家庭用ゲーム機完全図鑑・平成編に移りますと・・・
図鑑と言いながら35ページしかありません。
が、
オールカラーである事に加え
マイナーなハードまで収録されていたのが面白かったです。
平成編ということでスーパーファミコン以降のハードを網羅しており
(PCエンジン・メガドライブなどは後付新機種も含まれず)
まだ出ていない3DSまで紹介されています。
機種の新しさやメジャー度によって
ページの割き方に相当の差がありますけれど、
それぞれに一本以上ソフトの紹介もあり、
ピピンはやっぱりガンダムなのね・・・とか
PC-FXだけ裸の二次元ギャルってのは
いくら何でもひどいんじゃなかろうか
(レーザーアクティブの実写ギャルは服着てるのに)
などと楽しめました。

fami3.JPG
(その他大勢扱いの皆様)

本誌にも触れておきますと、
ファミ通のゲーム(広告含む)以外の部分を中心にして
ゲームの分量は思った以上に少ない
そんな内容です。
どこが(ファミ通に比べて)オトナなんだろうという疑問については
読者コーナーや漫画が無くてデザインがスッキリしている辺りが
ややオトナなのかも知れません
(オトナべーしっ君四コマだけ巻末にあり)。

普段ゲームから遠ざかり気味な人を対象にした
サブカル総合誌といった風な構成は、
映画だとシネコンでやるようなのばかりだったり
漫画も「このマンガが・・・」みたいな
最大公約数っぽいもの中心、
あと芸能にガンダム(トミノインタビュー付き)、
ジャンクフード(ギンビスやマックスコーヒー工場は興味深かった)や
ファーストフードなどなど
待合室で置いてくれてたら
(XXウォーカーなどのように)重宝しそうだなというもので、
ゲームも基本的にはそういう感じなのですけれど、
その中にレトロゲームのページがあって
ネオジオステーションやマークIIIの孔雀王、
液晶ゲームのクロスハイウェイを紹介していたり
草なぎ氏のインタビューで
ファミコン以前にテレビべーダーにハマってた
(『シティコネクション』が得意で猫を踏まないなどなかなか濃い内容)
なんて話がある所は
やはりゲーム誌なんだなとちょっと安心しました。


オトナファミ 2011年 02月号 [雑誌]

オトナファミ 2011年 02月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2010/12/20
  • メディア: 雑誌



blogram投票ボタン
(よろしかったらポチお願いします)
nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 3

コメント 6

setakemura

こんにちは。
月刊になるとかで、
中身が気になっていたのですが、
付録付きだと立ち読みも出来ず、
スルーしておりました。
こちらで、色々情報がいただけてよかったです。

by setakemura (2010-12-25 10:48) 

どらお

setakemuraさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
確かに
付録がたくさん付いていると
十字に縛ってたりビニールに入ってたりで
中身をちらとも見られないんですよね。
多少なりとも参考になれば幸いであります。
なお猫カレンダーは一ヶ月一枚で
付録としては十二分のクオリティでした。
by どらお (2010-12-25 12:50) 

甘茶

おお、これはお買い得な気がします。
付録に惹かれてしまいます。

ファミ通は大昔にはよく読んでいた雑誌ですが、
ここのところは良くてコンビニで立ち読みでした。

大人向けのファミ通ということでしょうか。
ゲームの話題が薄そうで、最近の
ゲーム離れの世相を反映しているようで
少し残念な気がします。

ただ久しぶりにゲーム雑誌というものを買いたくなる
今回のどらおさんの記事でした^^


by 甘茶 (2010-12-25 21:33) 

どらお

甘茶さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
付録が690円分はある(印象な)ので
お買い得なのは間違いないと思います。
自分の長いゲーム人生で
ファミ通が主だった時期は一度も無かったですけれど、
それでもべーしっ君は当然のように知っており
何だかんだ言っても
一番売れてるゲーム誌なんだよなと感じました。

マニアックなゲーム誌が軒並み廃刊になった事から見ても
ゲームを取り巻く環境がライトになっているのは
間違いないでしょうね。
by どらお (2010-12-26 10:21) 

ムグ

この付録やばいっすね!
明日買いに行ってきます!
情報ありがとうございます!
(*^_^*)
by ムグ (2011-01-22 23:29) 

どらお

ムグさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
もう次の号が出てました(表紙は丹下団平姿の香川照之)ので
この号は大方の書店で片付けられていると思われます(汗)。
by どらお (2011-01-22 23:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。