So-net無料ブログ作成

IVY THE KIWI? アイビィ・ザ・キウィ?(バンダイ) [ニンテンドーDS]

セガ黄金期における顔の一人であった中裕司氏
(代表作はソニック・ザ・ヘッジホッグ、ファンタシースター、マーク3版北斗の拳など)。
その中氏が設立したプロペによる新作アクションゲームです。


(今回はプロペ制作のユーチューブ動画で紹介)

この作品、
なんと任天堂現行機全てに進出しており
このDS版とWii版がパッケージ作品で、
他にもDSiウェア版とWiiウェア版があり
ウェア版はタイトルに「ミニ」と付いていて
ステージ数の少ない(+対戦モードがない)バージョンとなっております。


(百聞は一見にしかずという諺が身にしみる)

というわけで期待を持ってプレイしたわけですが、
まず
絵本のような雰囲気が実にいいです。
色遣いや絵のタッチ、音楽などなど
全てが優しい雰囲気で統一されています。


(個人的には昔からトゲ恐怖症)

ゲームとしては
(DSの場合はタッチペンを使って)
線を書く要領でツタを描き、
ただ横向きに走るだけのキウィを
ゴールまで導いてやるというもので、
ちょっと聞いた感じだと
橋を架けてやったりするのかなと思うのですが、
ツタはタッチペンで動かせるため
投げたり弓のように飛ばしたりと
多彩なアクションが可能になっています。


(こんな感じでプレイしてみたい・・・汗)

中氏の所属していたセガのアクションゲームといえば
難易度が高めというイメージが強いですけれど、
本作の場合そんな事はなく、
自分のようなへたれゲーマーでもそれなりに進めることができます。
一方、
アイテム(羽)全ゲットに最短クリアタイムと
やりこみ要素もあり、
上級プレイヤーにとっても遊び込める作りとなっています。


(超電磁スピン・・・違)

描きかたをミスしたツタがすぐに消せない
(ヨッシーみたいに息で消せると良かった)など
不満も無くはないですけども、
DSやWiiの特性を活かした昔ながらの良作アクションゲームでした。

しかしながら全然話題にならなかったんですよね・・・。
個人的には1000Pと高めの価格設定であるウェア版を
有料体験版的な位置づけと割り切り
ボリュームを落としてでも500P以下にした方が良かったんじゃないかと
思います。


(CM映像)


アイビィ・ザ・キウィ?

アイビィ・ザ・キウィ?

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: Video Game



blogram投票ボタン
(よろしかったらポチお願いします)
nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 1

コメント 8

setakemura

DSiウェア版を買って遊んだのですが、
本体を息子に譲ってしまって、遊べなくなりました。
1000ポイントだと、もう一度DLするには高いので、
そう考えたらパッケージ版を買った方が良かったのかなと
ちょっと後悔しています。

スーパープレイは、参考になりますね。
ゴールの表彰台に叩きつけるようにしているのを見て、
なるほどと思いました。痛そうですけど(笑)
by setakemura (2010-11-23 08:08) 

甘茶

 こんにちは。昨日は貴重な情報をこちらにお伝えくださって、ありがとうございました。とりあえずここにコメントさせて頂きます。

 こんなに本格的なゲームブログを今まで見落としていたなんて、ゲームクエストの元投稿者としては痛恨の極みです(泣)。

 動画を効果的に使われて、見やすく分かりやすい画面構成など、大変好感を持たせて頂きました。是非とも参考にさせて頂きたいなと思います。ご迷惑でなければ、今後も宜しくお付き合いくださいませ。
by 甘茶 (2010-11-23 12:17) 

どらお

setakemuraさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
ウェア版だとDLした本体でしか遊べないので
1000Pだと割高感があるんですよね。
ドリラーや絵心教室でも800Pだったのになぁ・・・。

それにしても
スーパープレイは流れるような手際がすごいです。
ゴールは仰るとおりですね、
ついフワッと置いてあげたくなるのが人情ですけど
ピタッと据えるにはあれが一番だと思いました(笑)
by どらお (2010-11-23 17:28) 

どらお

甘茶さん、こちらでははじめまして。
コメントありがとうございます。
本格的というより単に量が多いだけとも言えますが(汗)
お褒めいただき光栄です。
それから動画はですね、
これまではロードス島戦記(PCエンジン)で
OVA版のオープニングを貼ってたくらいでしたが、
この作品の場合は制作会社自らが作った動画があり
ルールを言葉で説明するのが難しい事もあって
試験的に導入してみました。
甘茶さんがいろいろ貼られているのを見たのも
きっかけの一つだったんですよ。
というわけで
こちらこそ今後ともよろしくお願いします。
by どらお (2010-11-23 17:40) 

甘茶

お返事ありがとうございます。
勝手な言い分で恐縮なのですが、
貴ブログとリンクさせて頂きました。
ご迷惑な事がございましたら
ご面倒ですがこちらでお返事頂けると幸いです。
お手間を取らせてしまい、申し訳ありません。

この動画を見させて頂いた印象などを。
ゲームの雰囲気だけでなく、文字で説明が難しい
BGMやゲーム性なども的確に伝えられる
動画は便利な媒体ですよね。

どらおさんのブログは文章力も去る事ながら
画像がふんだんに使用されていて、
未知のゲームも面白く理解出来ます。

超絶プレイは、上手すぎて参考にしづらかったり
して……という印象で、凄いですね(笑)。



by 甘茶 (2010-11-24 22:26) 

どらお

甘茶さん、こんばんは。
リンクありがとうございました。
元々ゲームクエスト投稿から始まったブログなので
「ゲームクエスト投稿者さんのブログ」欄に
リンクさせていただきました。
それからそうですね、
ゲームクエストへ送っていた感想文と
ブログの一番の違いは
画像や動画を貼れることだと思います。
言葉で足りない部分をずいぶん補ってもらってます。

超絶プレイはデバッガーを仕事にしてる人って
こんな感じなんだろうな・・・と思いました(汗)
by どらお (2010-11-25 00:57) 

kabejima

アイ・ビイ・ザ・キウイは正直売れないだろうと思って
ましたが、やはり売れませんでしたね~。
きっと良作には違いないと思ってもいましたが、
ジャンルやテーマ、そしてキャラクターにタイトルなど、
どれも今時じゃない感じで、その温かさや懐かしさを
中さんはきっと訴えたかったのだろうと思いますが、
「売れないかも・・・」が「やはり売れない・・・」に
落ち着いていく様を見るのはとても悲しいです。

ウェア版は誰もが「高い」と感じてしまうでしょうね。
番外編でルールやストーリーが違うなどの
変化があれば(もしかしたら差異はあるのかも)、
パッケで購入して気に入った人がDL購入する
可能性もあるでしょうが、タイトルに「mini」と
付けてしまっている以上、「簡易版」と見なされても
仕方が無いですもんねぇ。

私も良い感じで買いたいな~とは思いますが、
流石に定価ではちょっと・・・と言う印象でした。
中さんには申し訳ないんだけど。
by kabejima (2010-11-30 20:32) 

どらお

kabejimaさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
確かにすごく売れそうな予感は全く無かったですが、
個人的には販売はバンダイだし
もうちょっと何とかなると思ってたんですけどね・・・。
それから
おっしゃるようにウェア版1000Pは
ひょいと手を出すのには躊躇してしまう価格に加えて
内容が名前(ミニ)通りの
単なるパッケージの縮小版というのが痛かったです。
1000Pで売るなら手をいれる、
有料体験版なら安価にするというように
どちらかに絞っていれば・・・と残念に思います。
by どらお (2010-12-01 01:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。