So-net無料ブログ作成
検索選択

10th Anniversary PlayStation & PlayStation2 全ソフトカタログ スペシャルセーブデータコレクション(メディアワークス) [書籍]

恐ろしく長いタイトルですが
これは1994年から2004年までの
プレイステーションとプレイステーション2の
ほとんどのソフトを網羅した(電撃系)カタログ本です。

「全」ソフトカタログというタイトルなのに
「ほとんど」と書いたのは
最終年の二本しか出てないうちのひとつ『ブラックマトリクス00』が入っていて
『ダイナマイトサッカー2004ファイナル』が漏れているからなのですけれど、
他は確認していないのでよく分かりません(汗)。

さて、
媒体がCDになった事や開発環境を整えやすかったことなどから
ゲームを制作・発売する敷居が下がり、
なんと3000本以上のソフトが発売されたハード、プレイステーション。
ゲーム好き歴が家庭用ゲーム機の歴史より長い自分も
聞いたことすらないようなタイトルが少なくないハードです。
この本ではそれに加えて別会社から出た廉価版や
2004年までに出たプレイステーション2ソフトまで掲載されているため
その数は膨大な量(5000超)となっております。

ps2.jpg
(基本こんな感じ)

なので
一部のピックアップ作品を除いて
ソフトごとの紹介は控えめで、
発売日と価格、メーカーとパッケージ+ひとこと
という感じになっています。
というわけで
ゲーム画面やちゃんとした内容紹介を欲している人には
物足りない内容と言わざるを得ず、
自分も進行形のPS2は無くていいから
初代の内容を濃くすればいいのにと思いましたが、
年度別、発売日順に並んだリストは
ざっとハードの歴史を振り返るみたいな使い方には適してますし、
適当に見てても面白いです。

ps.jpg
(扱いの大きさも何段階かに分かれている)

そして付録のようでいて
タイトルにも入っていることからウリの一つだと思われる
セーブデータコレクション。
これはPS用とPS2用それぞれ一枚づつのディスクに
いろいろな作品のセーブデータが収められているというものです。

ps3.jpg
(なぜだか未開封)

最初からキャラクターが全部使えるとか
所持金が山ほどある状態で始められる等々、
楽をできるタイプのセーブデータが相当数収録されていますけれど、
メーカー(スクエニ)やジャンル(RPG)によっては
物足りない部分も多いため
(個人的には『幻想水滸伝』全員クリアのデータが欲しかった・・・汗)
非公認のチートグッズのようなものを期待して
買うのは勧められません。

あと
こういうカタログ・リスト本の場合
余白の使い方も気になるところなんですが、
この本では
プレイステーションの広告ギャラリーと
制作者インタビューに使われており、
有効な使い方だなと感心しました。
クリエイターが七人いて
四人しか知らなかったことには
ちょっとショックを受けましたけど(汗)。


ps4.jpg
(これはICOの広告)

巻末の「10年の歩み」と称した
プレイステーションの歴史を振り返るコーナーも、
「いくぜ、100万台」「サービス満点」「よい子とよいおとなの」など
懐かしいフレーズが一杯で楽しめました。

過度の期待を抱かない限りは
コストパフォーマンスの良い本(本体定価2095円)だと思います。


10th Anniversary PlayStation & PlayStation2 全ソフトカタログ スペシャルセーブデータコレクション

10th Anniversary PlayStation & PlayStation2 全ソフトカタログ スペシャルセーブデータコレクション

  • 作者: 電撃PS2編集部
  • 出版社/メーカー: メディアワークス
  • 発売日: 2005/02/04
  • メディア: ムック



blogram投票ボタン
(よろしかったらポチお願いします)
nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 1

コメント 6

宵乃

こんにちは~!
雑誌は目がちかちかして最近は読みませんが、こういうのは楽しそうですね。
個人的にポポローグが大好きなので、画像で他より欄が少し大きいのが嬉しいです。
あと、ガンパレは持ってるけどやった事ありません(そんなのばっかり!)

でも、こんなの読み始めたらますますゲームで遊ぶ時間が減りそうな気が・・・(笑)
by 宵乃 (2010-10-18 15:29) 

どらお

宵乃さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。
自分も集中力や気力が落ちてきたのか
以前なら隅から隅まで読んでいたゲーム誌すら
つまみ読みという感じです。
それからおっしゃるように
贔屓のゲームの扱いが大きいと何だかうれしいですよね。
逆の場合は大手ばかり優遇する太鼓持ちめ・・・なんて毒づいたりして(笑)。
ちなみに
ガンパレは電撃がプッシュしたのがブレイクのきっかけという事もあって
セーブデータの数が多めでした。
というか持ってらっしゃるとはすごいです♪

ゲームを遊ぶ時間は・・・本当ですね(汗)。
ただ
寝しなにも遊べる携帯機だけはそれなりに稼働しております。
by どらお (2010-10-19 09:31) 

kncafe

リツイートさせていただきました。
いいですねぇこういうマニアックなもの。
確かにカタログとしては説明不足で物足りなさそうですが、
ああ!こんなのあったっけねーなつい。
と、見てて飽きなさそうな構成なのは伝わってきます。
早速、そういえば鬼武者って金城武がカンケーしてたものがあったなぁ
という薄ーい記憶が(笑
by kncafe (2010-10-23 02:09) 

どらお

kncafeさん、こんにちは。
コメントとリツイート、ありがとうございます。
そうなんですよね。
これからプレステを遊ぶ人が参考にするよりも、
既に遊んでいるというか同時代を体験している人が
眺めながら懐かしむのにピッタリな本だと思います。
ちなみに
よく分からない出版社からも類似のものは出てますが
それらは変にウケ狙いなのが鼻について大抵面白くないです。
この本みたいな構成で全機種出してくれたら最高なんですけど
無理だろうなぁ・・・。
そういえば
鬼武者って数少ない有名人とのタイアップ成功例ですね(笑)。
by どらお (2010-10-23 09:56) 

しょう

今年2010年3月4日でプレイステーション2が発売10周年を迎えましたが、それを記念して電撃は「PlayStation2&PlayStation3 全ソフトカタログ スペシャルセーブデータコレクション」を発売をすれば良いのに。とり行うゲームカタログは10年前の2000年3月4日から10年後の2010年3月25日までのプレイステーション2とプレイステーション3のみだけで初代プレイステーション1(対象外で終了。)とプレイステーション・ポータブル(プレイステーションシリーズ初の携帯型ゲーム機。)は入れ無い。
by しょう (2010-10-24 12:56) 

どらお

しょうさん、こんにちは。
PS2に関しては
もうめぼしい新作も出ないでしょうし
自分も出して欲しいと思っております。
by どらお (2010-10-24 13:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。