So-net無料ブログ作成
検索選択

わりと本格的 絵心教室 後期(任天堂) [ニンテンドーDSi]

※このゲームはダウンロード専売(800P)です。

昨年末、
「わりと」どころか相当本格的だと評判になった
絵心教室の後編です。

egokoro2.jpg
(先生による説明)

メインレッスンが四つとミニレッスンが四つという構成になっており、
メインの方は
一つ目が
表現派の手法を通して色彩理論や色の混ぜ方を習得。

HNI_0015.JPG
(受講生Dの作品)

二つ目が
前期の物より高度な描写を目指す鉛筆画。

egokoro3.jpg
(先生は手本も示してくれる)

HNI_0016.JPG
(漫画っぽいのは生徒が原因)

egokoro4.jpg
(画家をフルネームで言う辺りが海外作品っぽい)

三つ目は
印象派の手法を通してカラーサークルや補色の勉強。

HNI_0017.JPG
(水が緑なのはヘドロじゃなくて緑が映り込んでいる)

そしてラストの四つ目は
これまでの手法を使って風景画を描きます。
空気遠近法の紹介も。

HNI_0018.JPG
(思い切りの悪さが炸裂している風景)

という訳で
これを使えばすぐに絵が上手くなるというものではありませんが、
気軽に絵を描く(お絵かきする)きっかけとしては
素晴らしく良くできたソフトだと思います。

ちなみに
カメラで撮影した物などを模写できるフリーペイントは
前期同様この後期にも付属しております。
ただし
後期の課題は結構難しいので
腕に自信がある方以外は
前期から始めた方がいいでしょう。

DSiウェアを代表する傑作と言っていいこの作品。
惜しむらくは人間に関するものが無かったことくらいですけれど、
とっかかりとしては難しいという判断だったのかも知れません。

また会える日が来るのを心待ちにしております。

egokoro.jpg
(わんこ)

※画像は(c)任天堂

blogram投票ボタン
(よろしかったらポチお願いします)

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 1

コメント 4

ケン

こんばんは。

ミケランジェロ、フェルメール、印象派って、どんだけ本格的なんだと言いたくなりました。
この手のソフトでも、海外はガチで来ますね…。
どらお画伯の作品も楽しませてもらいました。
「空気遠近法」もかなりいいですよ!

by ケン (2010-01-23 21:27) 

どらお

ケンさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
国産のこういうソフトだと
昔の教育テレビのように
どうにも堅苦しさが抜けないという弱点があるのですが、
おじいさんと犬がナビゲートする本作は
その辺も上手く作ってるなと感心しました。
空気遠近法はDS上で見て
思わず掲載を躊躇したという部分なので
そう言っていただけると有り難いです♪
by どらお (2010-01-24 15:51) 

Kabejima

空気遠近法・・・一体なんだろう!?
そのくらい知識が無いのでいい機会だし
このソフトで勉強してみようと思います。
・・・課題について行けるかが課題ですけど。

任天堂からリリースされる海外ローカライズものは
どれもセンスがいいですよね。日本人ウケは
もしかしたら良くないカモだけど、本物志向で
見る目が確か。
by Kabejima (2010-06-14 02:41) 

どらお

Kabejimaさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。
空気遠近法については
自分も名前さえ知らなかったのでご安心下さい(汗)。
境界をぼやけさせて・・・みたいな感じでした。
それから仰るように
任天堂のローカライズはうまいですね。
審美眼だけでなく
台詞・キャプションなどの翻訳が抜群に上手だと思います。
自社作品でも台詞等はたいてい気が利いてますから
そちら系の偏差値が高いんでしょうね。
ちなみに輸入ゲームについてですが
Wiiウェアの場合は
スクウェアのものもハイセンスですし
マーベラスのプロデュース物は個性的だしと
数は多くないですがなかなか粒ぞろいなんですよ。
by どらお (2010-06-14 09:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。