So-net無料ブログ作成
検索選択

P's CLUB(セタ) [ファンクラブ]

現在は時代が世知辛いのか
物販をはじめ商売っ気が強いところばかりになってしまいましたが、
かつてはファンサービスに熱心なゲームメーカーもいくつかありました。

無料で会報を送ってくれたテクモや
盆正月の葉書を欠かさない日本一
業績に影響するほど送付物(DM含)の多かったコンパイルあたりが印象深いですが、
中でも
セタのP's CLUB(ピースクラブ)が
個人的にはもっとも良心的だったように思います。
これは「P」とあるようにセタの看板作品「スーパーリアル麻雀」シリーズのファンクラブで、
サターンでヒットを飛ばした5あたりから
ナンバリングタイトルの最終作7あたりまで続けられました。

sr2.jpg
(会員証と会報)

sr3.jpg
(会報バインダー。針金を冊子の真ん中から通して綴じる方式で10冊収納。ショウ子版は買えず)

ピースクラブは厳密に言えば無料ではありません。
とはいっても
更新の意思を確認するという形で
年に一度送られてくるカレンダーの送料を払うというささやかな会費でした。

p4.jpg
(カレンダー。定形最大の封筒サイズ)

内容は会報の送付でして
その会報には
スーパーリアル麻雀新作の制作進捗などの情報、
市販のソフトにちょっとおまけがついた限定版や福袋など
会員専売品もうれしいグッズ販売、
デフォルメキャラによる漫画、
セタの他作品紹介などが掲載されていました。

sr.jpg
(福袋。ソフトも入っていたりして毎年買ってました)

良い雰囲気でずっと続きそうだったこのピースクラブ。
まあ
サターンが18禁枠を撤廃したこともあって
(なぜかPCエロゲー移植はその後も多かったけど)
8以降はどういう展開をしていくのだろうなんて事は思っていたのですが、
ある日突然
ピースクラブ終了の通知葉書が届き、
唐突にその役目を終えたのでした。

その後
セタが吸収合併されてしまい
昨年にはとうとう会社自体が無くなってしまったようで
一応スーパーリアル麻雀という存在はあるものの、
往年のような展開やピースクラブ復活は望めなくなってしまいました。

P's CLUBよありがとう。
そして永遠なれ。

※画像は(c)セタ

(↓記念すべき会報第一号を部分的にスキャンしました。クリックで大きくなります)
p1.jpg

p2.jpg

p3.jpg

blogram投票ボタン
(よろしかったらポチお願いします)
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 4

ケン

どらおさんの物持ちの良さは半端ない!
これだけ大事にされるなら、ファンサービスのし甲斐もありますね。
この会報は、どれくらいの周期で送られたのでしょうか?

いかにも「利益還元」という感じの、
商売っ気のなさが尊いと思いました。
ファンを囲い込むのは今も昔も同じですが、
昨今だと、まず「金を出せ」ですからね…。
とはいえ、今こういうサービスを始めたら、
すぐヤフオクで転売されそうです(笑)。
by ケン (2010-01-11 23:45) 

どらお

ケンさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。
物持ちは割と良い方だとは思いますが、
これも途中からのぶんと
4のキャラクターが付いた(ような気がする)バインダーが行方不明でして
何かと中途半端な状態です(汗)。
ちなみに
袋とか小物は段ボールにゲームを詰める際の
緩衝材みたいな感じで突っ込んでたのが運良く生き残っておりました。
それから
周期は基本的に不定期なんですが、
二~三ヶ月に一度というペースの発行でした。
しかし言われてみると
今なら無料なのを良いことに
複数登録でヤフオク転売なんて輩も出そうですね。
世知辛いのはメーカーだけじゃないのかな・・・
by どらお (2010-01-12 09:44) 

あきんたん

その昔、コンパイルさんと取引のある会社で
働いていました。
コンパイルさんが、出張でいらっしゃるときに
いろいろ手土産を持ってきて下さっていて・・・
それが、すごく楽しみでした。
(ゲーム、大好きだから)

他のメーカーさんもいろいろ持ってきて下さっていたなぁ。

私が、退社する頃は、どんどんお土産が
減ってきていて・・・ホントに不況なんだなぁと
思ったものです。
(今のほうが、もっと寂しいことになっているのかもしれません)

セタのP's CLUB(ピースクラブ)は知らなかったのですが、
いいですね。

by あきんたん (2010-01-15 10:00) 

どらお

あきんたんさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
その昔、購読していたゲーム誌で
コンパイルさんからぷよまん
(キャラクターをあしらったもみじまんじゅう・人形焼)をお土産に貰った
というような文章を目にしたことがありましたけど、
訪問先には手土産持参というメーカーが他にもあったんですね。
見方によれば
ドライになった今の方が企業らしくて
昔の姿はオーナー社長率いる中小企業ならではだったのかも知れませんが、
関係企業や消費者との距離感の近さなど
ついつい昔の方が良かったと懐かしんでしまいます。
それから
おっしゃられるようにゲーム界は
パイの縮小をきっかけに
大手メーカーの合併や中小メーカーの撤退・廃業、
ゲーム専門店も軒並み姿を消しつつあるなど
取り巻く状況が非常に厳しいことになっていると思います。
そこをちょっとでも応援できたらというスタンスで
このブログも運営させていただいております。
by どらお (2010-01-16 15:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。