So-net無料ブログ作成

ちびまる子ちゃんの対戦ぱずるだま(コナミ) [セガサターン]

コナミの落ち物パズルゲームである「ぱずるだま」。
キャラクターを変えつつ
10年ほど続いた長寿シリーズでもありました。

オリジナルキャラで始まったアーケード版のあと
プレイステーション初期に発売されたぱずるだまは
「ツインビー」を題材にしていましたが、
マルチ展開で
同じ物をPS・SSの両方で出すのが基本だったコナミにしては珍しく、
サターンではキャラクターを原作付き人気アニメの「ちびまる子ちゃん」に変更して
投入してきたのでした。
絵柄は初期に近くて
今遊ぶとびっくりするかも知れませんが、
友蔵の声が青野氏になっているほか
性格付けは最近のものと近いように思います。
なお
プレステ版にはアーケード版もオマケとして収録されていましたが、
サターン版には収録されていませんのでご注意下さい。

maruko1.jpg
(タイトル画面)

さて、
町内ぱずるだま大会という設定はあるものの、
司会のおじさんが居るだけで格別のストーリーもなく、
淡々と対戦していくシステムではありますが、
題材がちびまる子ちゃんということで
面白く感じる部分がいくつかありました。

maruko2.jpg
(司会のおじさん)

キャラクターセレクト時にはじまり、
連鎖時や受け身になったとき、
勝利および敗戦時の
台詞やアクションが何かとまる子流で
にんまりしてしまう面白さがありました。

maruko4.jpg
(たまちゃん連鎖中。この次の連鎖でお姫様になります)

ただ、
キャラクターが総勢8人
(まる子、お姉ちゃん、友蔵、たまちゃん、丸尾君、花輪君、永沢君、山田君)
と少ないこと、
コピーライト表示にテレビ局がないからか
歌がないこと、
せっかく面白いキャラを使っているのに
幕間のかけあいなどがないこと、
「ざまぁみろ」などと憎まれ口を叩くキャラがいて
妙に腹が立つこと(汗)、
難易度レベルが0~7まである割に
0がそれほど易しくなくレベル間の差が微妙なこと
などなど
出費をおしんだうえに手間もかけてないという空気が
そこはかとなく漂っているため
結局の所、
いまひとつという評価をせざるを得ない作品になっていたのが
残念でした。

maruko3.jpg
(世の中甘くないよ・・・)

※画像は(c)コナミ/さくらプロ/日本アニメーション


blogram投票ボタン
(よろしかったらポチお願いします)

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 1

コメント 2

ケン

こんばんは。
最近はサターンが続いてますね。
自分には縁がなかったハードなので興味深いです。
ゲームの百科事典みたいだな~。

妙にくねくねしてる、たまちゃんがカワイイです。
Xbox360発売を盛り上げた「エブリパーティ」など、
さくらももこ関連のソフトは色々ありますが、
どうもこの作家とゲームは、相性が悪いとみなされてますね。
by ケン (2009-09-24 00:35) 

どらお

ケンさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。
百科事典だなんて嬉しい例えですね(笑)。
そうそう、
たまちゃんは台詞も何かとかわいいですよ。
負けたら「世の中甘くないね・・・」なんて言ってますし。

さくらももこ系ゲームは
ゲームボーイアドバンスのウキウキカーニバルのような
良作もあるのですけど、
色眼鏡もあるのか不当に評価が低い気がします。
by どらお (2009-09-24 09:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。