So-net無料ブログ作成
検索選択

ぎゅわんぶらあ自己中心派 トーキョーマージャンランド(ゲームアーツ) [セガサターン]

本作は
パソコンや
ファミコンをはじめとした家庭用ゲーム機でもおなじみの、
麻雀ギャグマンガを原作とした麻雀ゲームです。
原作でも印象的だった稲妻ツモ(一発ツモ)や役満のような配牌などの特殊能力をはじめ
引きが良い、ツキがないなど
打ち筋以外で強力な個性を持つキャラクタばかりが居るため
当然のようにイカサマがあるのと、
その頃の流行などから作られたキャラクターが
大抵有名な人物やキャラクターのパロディなのが
他の麻雀ゲームと一線を画しています。

さて
このトーキョーマージャンランドは
ゲームアーツ麻雀ソフト10周年記念作品と銘打ちながら
実のところメガCD版の移植なのですが、
メガCDは全く触ったことのない機種だったため
このサターン版が初プレイとなりました。

タイトルにもあるように
麻雀に絡めたテーマパークを舞台に
原作のような麻雀を繰り広げます。

gyan5.jpg
(デゼニランドを彷彿とさせる怪しさ)

同じくCD-ROMだったPCエンジン版も大概な数の雀士が居ましたが、
本作ではさらに二十人ほど増加して
完全版に近い形となりました。

gyan4.jpg
(フリー麻雀選択画面)

ただね、
別作品の「スーパーヅガン」からもキャラクターが入っていて、
それだけなら別に構わないんですが
そちらの主人公(豊臣)が本来の主人公(持杉ドラ夫)と同格扱いなのが何とも・・・。

gyan.jpg
(ストーリーモード。それぞれで別ストーリーなうえ最初のカーソルは何故か豊臣の上に)

制作側は
同じ作者で題材も麻雀、
しかも競演している漫画もあったりして
ファンも共通だろうくらいに思っていたのかも知れませんが、
自分みたいに
「ぎゅわんぶらあ自己中心派」は第二部も収めた方を全巻持ってたけど
出版社も違う「スーパーヅガン」は読んだこともなく
豊臣などヅガンのキャラクターはあまり好きじゃないという人としては
何だかなぁ・・・と思ってしまう仕打ちでした。

メガドライブ(カートリッジ)版の「片山まさゆきの麻雀道場」みたいに
「片山まさゆきワールド」とか
分かりやすいサブタイトルが付けて欲しかったです。

そうは言いつつ
フリー、ストーリー、デート麻雀など
豊富なモードに加え、
COMの思考時間も皆無に近く
あっという間に自分に戻ってくるという
今の麻雀ゲームに比べても
ストレスフリーな仕様は
非常によく出来ていたと思います。

gyan3.jpg
(モード選択画面)

gyan6.jpg
(麻雀画面はいつもと同じ)

というわけで?
何だかよく分からない人も多そうな
デート麻雀について説明すると、
まあギャルゲーみたいなモードでして、
9人の男性キャラ(うち4人がヅガンキャラ)から
自分が操作する一人を選び、
パートナーの女性キャラも選んで
テーマパークで麻雀デートを楽しむというものです。
パートナーが直撃を食らうとムードが悪化したり
一人用より気を遣うモードでした(笑)。

gyan7.jpg
(マッコウ君、クララを誘うの図)

gyan2.jpg

※画像は(c)ゲームアーツ/片山まさゆき/講談社


ぎゅわんぶらあ自己中心派トーキョー マージャンランド

ぎゅわんぶらあ自己中心派トーキョー マージャンランド

  • 出版社/メーカー: ゲームアーツ
  • メディア: Video Game



blogram投票ボタン
(よろしかったらポチお願いします)
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 1

コメント 2

ケン

おはようございます。

ボクは麻雀はできませんが、麻雀漫画は結構好きです。
これの原作も読んでました。
ゲームも評価が高いらしいですね。

ところでふと思ったのですが、「どらお」さんのHNは、
「持杉ドラ夫」と関係あるのでしょうか?
by ケン (2009-09-19 10:15) 

どらお

ケンさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
自分も麻雀漫画誌を読むほどではないですが、
他に西原氏のとか読んでました。
手作りなんかは斜め読みっぽかったですけど(汗)。
ゲームは麻雀ゲームとしては
ゴッドハンド氏や金蔵など
明らかにバランスを破壊している人物が居るので
とうてい良いバランスとは言えませんけど、
キャラゲーとしては逆にそこが良いんだと思います。

HNはですね、
ゲーム感想文を送っているHNがフーテンのドラ息子で
それを略してどらおになりました。
なので彼とは関係ないです~

by どらお (2009-09-19 14:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。