So-net無料ブログ作成
検索選択

MSXホームコンピューターカタログブック(アスキー) [書籍]

カタログ的ゲーム誌は好きじゃないと言いながら
ゲームのカタログは好きな自分ですが、
別にダブルスタンダードや二枚舌という訳ではありません。
なぜなら
一見同じようでいて上記の二つは全く別物だからです。
両者の何が違うのかと言いますと
広告ばかりなのがカタログ的、
広告でない商品説明なのがカタログであると
個人的に分類しております。

本題に入りますが、
この本はMSX初期に出た
本体やソフトに加えて周辺機器やMSX本まで網羅したカタログ本です。
もちろん広告も頭と尻に入っておりますが、
あくまでもメインはカタログなので
見ていて面白い本でした。

msx6.jpg
(当時PCの広告と言えばアイドルでビクターはキョンキョンこと小泉今日子氏。バタアシ金魚はこっちだよなぁ)
msx7.jpg
(日立は国際的女優の工藤夕貴氏。わが斉藤由貴ちゃんは天下のNECだったので載ってません・・・笑)

MSXは当時としては画期的な
複数の企業が参入したパソコンだったので、
キャノン・パイオニア・カシオ・サンヨー・ゼネラル・ソニー・
日立・東芝・三菱・ビクター・ナショナル・ヤマハと
数多くのメーカーによる本体と周辺機器が紹介されています。

msx2.jpg
(ちなみに自分のは右下にあるサンヨーWAVY11)

ソフトもROM、カセットテープ、レーザーディスクと(媒体が)バラエティに富んでいました。

msx5.jpg
(レーザーディスクのミステリーゲームってどんなだったんだろう)
msx4.jpg
(鉛筆で丸してるのがトホホではありますがメーカー名に時代を感じます・・・ハニービーとはハドソンのこと)

ソフトメーカーもリストになっており、
その後ブレイクしたところやそれなりに続いてるところ、
撤退したところに廃業したところなどが並んでいて
今になって見ると時代を感じます。

msx8.jpg
(メーカーのリスト)

ちなみにMSXマガジンの別冊ムックなので
単なるカタログでとどまらず、
販売店と読者のアンケートから集計した人気ソフト40や
MSX2展望など面白い企画もありました。

msx3.jpg
(1位はマッピー・・・汗)

今の機種でもこういう本をどんどん出して欲しいとは思いますが、
ソフトの本数が多すぎて
どうしても内容が薄くなってしまうと想像が付くので
ある意味
古き良き時代の産物と言える本なのかも知れません。

msx1.jpg
(定価980円)

blogram投票ボタン
(よろしかったらポチお願いします)
タグ:MSXマガジン
nice!(6)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 6

コメント 8

なかじマダオ

フラッピーとホールインワンは友達の家で散々遊びましたなあ。
懐かしい。

カタログはぼくも大好きですがファミコン以外の任天堂ハードや
PCエンジン、プレステ関連は意外に少ないですよね。
資料として常に探してるですが入手困難なものが多く
あっても値段がプレミア化してたりしますからねえ。
逆にセガハードは何故だか大充実。
なんなんだろう、この差は、愛か?

VCがあるんで各ハード今一度カタログと分析を兼ねた本が
出て欲しいなと思うんですけど商売的に難しいですかね。
中身がしっかりしてれば1冊5000円~1万円ぐらいでもいいんだけどなあ。



MSXといえばこんなブログがありますがご存知ですか?

http://tape-load.blog.so-net.ne.jp/

こっそり愛読しているブログであります。
by なかじマダオ (2009-08-06 11:02) 

どらお

なかじマダオさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
カタログ本、面白いですよね(笑)。
プレステは電撃からしっかりした作りのが出てましたけど、
やはり本数が多すぎて内容が若干薄い印象を受けました。
メモリーカード用セーブデータなんかもあって
新世代機らしいカタログ本なんですけどね。
あとは・・・そうそう
ニンテンドウパワーのガイド本なる珍品があります。
二冊しか出なかったので中後期の作品はカバーしていないですが
初期のソフトは網羅されているのでそれなりに楽しめました。
一冊目はNPカートリッジ発売時に無料でくれて
二冊目は雑誌棚にあったのを普通に買ったように思います。
せっかく思い出したので
いずれここに書かせていただきます。
それから
セガは確かに別格的なものがありますね。
あれも愛・・・きっと愛でしょう。
現在ではX-box系ユーザに一部引き継がれてる感がありますので
そちらは今後期待できそうな気がします。
任天堂系はニンドリあたりに頑張って欲しいなぁ~

それから
リンク先の紹介ありがとうございました。
以前読んでいたMSXブログも同様の趣旨で
ザースのプレイ日記などが載っていたのですが、
知らないうちに無くなってました(涙)。
文体が明らかに他人なので
そことは関連無さそうですけれど、
とても面白いブログですね。
自分としてはファランクスや団地妻を持っていたので
惜しいことしたなと思いました(汗)。
ちなみに
フラッピーは二位でしたけど
人気あったんですね。
自分の遊んでたのはベスト10だとデゼニランドだけでした。
当時からマイナー指向だったのかしら。
by どらお (2009-08-06 15:07) 

M_t

はじめまして。TAPE-LOADのM_tと申します。

たぶん ザースのプレイ日記やってたのは、俺だと思います・・・
MSX DATA RECORDERというドマイナーなBlogで、オホーツクに消ゆとスターアーサーとかデゼニランド、ザースの攻略日記やってました。(汗)

文体は気分によって変わるので、すみません。
それにしても、このカタログ群 すごく うらやましいです。

この場を借りて、すみませんが・・・

なかじマダオ さん ご紹介ありがとうございます。
はじめましてですが、いつもありがとうございます。(笑)

どらおさん なかじマダオさん 
また MSX系マイナーエントリーの際は、仲間に入れて下さい(笑)
by M_t (2009-08-06 22:31) 

どらお

M_tさん、はじめまして。
訪問とコメントありがとうございます。
デゼニランドの攻略日記も覚えてますので、
どうやら間違いなさそうですね。
何度か(名前はどらぼうだったかもですが)
コメントを書いてレスもいただいてました。
その節はありがとうございました。
現在のブログも一部を拝見しましたが、
すっかり忘却の彼方にあった「悪女伝説」まであって
パッケージと中身が全然違うという苦酸っぱい思い出が
よみがえりました(笑)。
今後もおじゃまさせていただきます。

それから
このカタログ本ですが、
普通なら邪魔に思いがちな広告ですら
中身と全く同じテーマゆえなのか
資料的価値を高めているように感じました。
ソフトは全部処分してしまったようで残っていませんが
これは大事に取っておこうと思います。

またMSX関連で何か出てきたら
こちらにアップさせていただきますので
よろしくお願いします。
by どらお (2009-08-07 09:04) 

M_t

こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

by M_t (2009-08-07 17:25) 

kncafe

すごい!これ当時のをずっと取ってらっしゃったんですか?
マッピーのMSX版の画面久しぶりに見ました。遊んでた当時ぶり?25年くらい前のことですね・・・。
確かに、今の雑誌じゃこういう記事は作れないでしょうねー。今時のゲームブログとレトロゲームレビューブログとの違いくらい隔たりを感じます。
ああ、実家にあったCASIOのMSXはまだ押し入れにあるんだろうか・・・。

by kncafe (2009-08-08 16:10) 

どらお

M_tさん、こんばんは。
RSS登録もありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。
by どらお (2009-08-08 17:24) 

どらお

kncafeさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
えっとですね、
kncafeさんのMSX本体同様
実家の押し入れにあったものが
(後で文句を言われても面倒だと思ったからか)
運良く捨てられていなかったという次第であります。
本体は(大きくてかさばったため)捨てて良いかと聞かれた際に
いいよと言ったので現在は無いですが・・・。
それから
マッピーは色数こそファミコンより少ないですけど
ちゃんとマッピーしてましたよね。
ナムコはファミコンでソフト化してないものもMSXで出していたので
ボスコニアンとかちょっと自慢でした(笑)。
それにしても
「今時のゲームブログとレトロゲームレビューブログの違い」って
実にうまいたとえですね。
ホントその通りだと思います。
by どらお (2009-08-08 17:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。