So-net無料ブログ作成
検索選択

さくらももこのウキウキカーニバル(任天堂) [ゲームボーイアドバンス]

タイトルに「さくらももこの」と付いていますが、
お姉さんのみうらのりこ氏が作ったキャラクターを
さくらももこ氏がデザインしているので、
「さくら(みうら)姉妹の」と言った方が正しい気がする作品です。

さて内容は、
とある理由で夜が来ない町、カラータウンにて
流れ星のようにやってきた妖精(チョコリン)に選ばれた
一人の子供(性別選択できる主人公)が
カーニバルの準備をするというアドベンチャーゲームでして、
「インターネットごっこ」というジャンルが示すように
進行にはゲーム内モバイルPCで表現された
インターネットが重要な役割を果たしています。

プレイヤーの目的は、
カーニバル開催のため
カラータウンの8つの町それぞれにあるほこらにいる
8体の守護神にお供え物をする事なのですけれど、
そのお供え物も従来のゲームのような住人との会話に加え
ネットの利用なしには集められないようになっています。

そしてもう一つ重要な目的に
カーニバルの参加者を集めるというものがあり、
基本的には町長に貰ったチラシを配ってゆくのですが、
それだけで来てくれる人は少数派でして、
頼みごとを聞いてあげたりすることで
参加者が増えていくのです。
その辺りはおつかいゲームという感じですけども、
従来のおつかいゲームのような作業感は薄いです。
これもミニパこと携帯パソコンの存在が大きいと思います。

ちなみにカーニバルに招待できるのは人間だけではなく、
モンピー(モンスターピープル)と呼ばれる不思議な住人も居り、
マップに現れないモンピーも少なからず存在します。
そんな彼らを招待しようとする場合、
ミニパが大活躍するのです。
モンピーたちは人間以上にミニパを活用しており、
それぞれにホームページを持っているうえ、
仲の良い相手にリンクを貼っています。
そのリンクをたどって新たなモンピーを見つけたり、
サイト内にあるミニゲームをクリアしたり、
チャットルームで会話したりしながら
彼らとのコネクションを構築していくのも本作の醍醐味となっています。
中には閉鎖されたサイトを次々に追いかけて探さないといけないモンピーも居て、
ホントうまく作ってあるなと思います。

そんなこんなで全ての守護神にお供え物をするとカーニバル開催となり、
ネットだけの関係だったモンピーたちも会場にやってきます。
彼らや人間の参加者たちとのふれあいの後、
最後の花火とエンディングを迎えるのですけれど、
準備している時は普通に楽しくて、
いざ始まるとちょっぴり寂しいというお祭りの雰囲気が強く感じられました。

ukiuki.jpg

なおエンディングで相棒のチョコリンとはお別れとなり、
それもなかなかに切ないのですが、
エンディング後にまた流れ星が家に舞い降りて再会を果たすのです。
つまり二周目という事なんですけど、
ちゃんと台詞も変化している上、
既に招待できた客は改めて呼ぶ必要も無く、
お供え物も店に行けば貰えるので、
純粋に新たな招待客を探すことに専念できます。
これが一周目なみに熱中できました。

実は一周目ではどんなに頑張っても呼べない客がおりまして、
HPも工事中だったりしたんですが、
二周目は頑張れば全員を呼ぶ事が可能です。
カラータウンに夜を取り戻すことや
公園の天使像の謎も一周目では明かされないので、
最低でも二周遊んでこそ本作の世界が堪能できるのです。

picture.jpg

任天堂発売にしてはさほど話題にもならず、
新品も安価で買えてしまう作品なのですが、
個人的にはゲームボーイアドバンス屈指の良作だったと思います。





nice!(1)  コメント(10) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 1

コメント 10

setakemura

発売当時、すっかりはまって9周も遊びました。
徐々に参加者を増やしていったので、
1周目42人、2周目51人という風に、
2周目以降は、参加者が1人増えるたびにHPを更新してました。
当時の私は、HPにある過去の記録から、
どのモンピーといつ会ったかがわかるようにしたかったようです。

当時は、あまり話題にもならず寂しく1人で遊んでいましたが、
この記事を読んで報われた思いがいたしました。
by setakemura (2008-05-03 09:44) 

どらお

setakemuraさん、コメントありがとうございます。
一人増える度にHP更新とは良いアイディアですね。
せっかちな自分には思い浮かびませんでした(汗)。
そういえば一周目のHP記事は守護神ネタで統一してましたけど、
二周目はもうひとつ統一感に欠ける内容になってました。

本当に全然話題にならなかったのが不思議なくらいの作品ですが、
当時は3Dばかりがチヤホヤされて
今以上にドット絵作品が冷遇されていた気がします。
自分も同士が居て嬉しかったですよ。
by どらお (2008-05-03 14:13) 

アカネ

これ途中で挫折した苦い思い出が・・。^^;
でもおもしろかったです♪
by アカネ (2008-05-12 08:19) 

どらお

アカネさん、コメントありがとうございます。
挫折というのは全員招待を断念されたという事かしら?
台詞やキャラクターデザインなど、
独自の世界が魅力的な作品でしたね♪
by どらお (2008-05-12 19:03) 

アカネ

かなり前なのでどういった状況で
挫折したのかよく覚えていませんが、
全員招待&カーニバルには到達出来なかったと・・
記憶しております。^^;
by アカネ (2008-05-13 04:22) 

どらお

アカネさん、レスありがとうございます。
全員招待は人によってはサッパリ分からないような謎
(絵描き歌とか)もあったので、
今ほど攻略情報がない時代では
厳しかったかも知れませんね(汗)
by どらお (2008-05-16 10:42) 

狐子

今更ながら2度目のマイブームが来てしまいました。
もし分かればで良いんですが、ヒョローのHPのヒョロ~度チェックで100%になる回答を教えてくれませんか?
by 狐子 (2010-06-16 19:26) 

どらお

狐子さん、こんばんは。
かなり前の話なので
何度もチャレンジした事しか覚えてませんでしたが、
http://bit.ly/9GIREU
こちらによると
「2.2.1.3.2.3.2.3.1.3と答える」
でメールが届くそうですよ。
全員揃うといいですね。
by どらお (2010-06-16 20:19) 

狐子

ありがとうございます、無事にメールが来ましたww 
かなり前のゲームなのにご親切に教えて下さって嬉しかったです。
by 狐子 (2010-06-17 19:18) 

どらお

狐子さん、こんばんは。
お返事ありがとうございます。
自分でメモした内容では無かったため
大丈夫だったかな・・・と心配していたのですが、
お役に立てたようで良かったです♪
by どらお (2010-06-17 23:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。