So-net無料ブログ作成
検索選択

魔導物語1(セガ) [ゲームギア]

ぷよぷよの元になった作品の一作目です。
初出はMSXか何かPCだったと思いますが、
家庭用にもいろいろと移植されています。

同じセガのメガドライブでは本作だけの移植でしたが、
ゲームギアでは6作(1・2・3・A・R・S)のうち
1・2・3・Aが移植されました。
なお、メインデザイナーが休んでいたのか詳細は不明ですが、
作品によって絵柄が随分違います。
その1作目の本作は、
全体の主人公、アルルが魔導幼稚園の卒園試験のため、
魔導の塔を登るというお話です。

3Dダンジョンなので、パッと見は面倒そうですが、
オートマッピングですし、至って遊びやすいです。
なお、画期的な試みとして、
体力等のゲージが無く、アルルの顔や言葉で判断するというものがあり、
最初は面食らう物の、
ギリギリまでほったらかすよりも人道的扱いが出来るのかな?
なんて思ったりもしました。



nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 2

setakemura

こんばんは。
このゲーム、確かに、表情の変化を見ていると、回復が早めになりました。
かなり進んでから、最後の「ばたんきゅー」までに、
まだ、もう1段階あることに気づきましたから。
3Dダンジョンなのに気楽に遊べるのが良かったです。
by setakemura (2006-11-30 20:30) 

どらお

setakemuraさん、こんにちは。
コメント有難うございます♪
アルルが幼児という事もあってか、
可哀相になってくるんですよね。
シビアなバランスで、このシステムだと、
相当辛かったと思いますが、
甘めのバランスだからこそ楽しめたんでしょうね。
by どらお (2006-12-01 10:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。