So-net無料ブログ作成

シャイニング&ザ・ダクネス(セガ) [メガドライブ]

未だに続く、「シャイニング」シリーズの最初の作品です。

後の物とは違い、
3Dダンジョンのロールプレイングゲーム(早い話がウィザードリィ系)です。
が、戦闘やアイテム使用などがアイコンで選べるシステムだったり、
店や酒場などもダンジョンと同じような視点だったり、
オートマッピングだったりと
新鮮さと親切さを併せ持つ設計だったため、
ファンタシースターを途中で放り出した自分もクリアすることが出来ました。
全体的な完成度の高い作品だったと思います。

キャラクターデザインが変わってからは遊んでいないのですけれど、
現在ではシミュレーションRPGになっているようです。


シャイニング&ザ・ダクネス MD 【メガドライブ】

シャイニング&ザ・ダクネス MD 【メガドライブ】

  • 出版社/メーカー: セガ
  • 発売日: 1991/03/29
  • メディア: ビデオゲーム


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 2

setakemura

こんにちは。
移動するごとになめらかに動くダンジョンの壁のグラフィックが
とても綺麗だったのを覚えています。
落とし穴で下の階に落ちた時も、
ちゃんと画面がズルッと下にスクロールしたのが凄かったです。
今では当たり前になった演出も、
初めて見せてもらったのはこのゲームでした。
シミュレーションRPGになっても、
特徴的なアイコンのデザインや鉱石で武器を作るシステムは、
この時のものが受け継がれていましたね。
by setakemura (2006-09-28 18:49) 

どらお

setakemuraさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
そうそう、なめらかな壁の動きや落とし穴の演出は、
新世代機の良さを感じさせてくれるものでした。
高性能を持てあましている感のある、
最近のゲームには無い感動でした。
なるほど、名前や世界観を引き継いでいるだけあって、
維持されている部分もあるんですね。
by どらお (2006-09-29 10:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。