So-net無料ブログ作成

パクパクマン(エポック社) [電子ゲーム]

現在のゲーム界における著作権に対しての神経質さは目に余る物がありますが、
昔のいい加減さも「大らかな時代」では済ませられないほどの物がありました。

本作もナムコの「パックマン」の真似と言ってしまえばそれまでの作品ですけれど、
橋の下をくぐる立体交差や、ドットがフルーツになっているなど工夫が見られる上、
遊んでいて結構楽しいので、適当な模造品という訳ではありませんでした。

慣れてくると目をつぶっても面クリア出来たものです。


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 4

おかもろ(再)

 お邪魔します。リンクありがとうございました。僭越ながらこちらからもリンクさせていただきました。今後ともよろしくお願いいたします。
 いきなりマニアックなエントリへのコメントで失礼します。エポック社のパクパクマンは友人が持っていて、よく貸してもらっていました。「ぱく」というCMもありましたね。何種類か本体の色が異なるバージョンがあったと記憶しています。当時はナムコ公認のパックマンの電子ゲームはトミーから出ていましたが、他にもパックモンスター(学研)、パックリモンスター(バンダイ)がありました。これら4種の中で一番面白くなかったのが、公認のパックマンだったのが笑えます。
by おかもろ(再) (2010-11-25 17:37) 

どらお

おかもろ(再)さん、ようこそいらっしゃいました。
こちらこそリンクありがとうございました。
いきなりパクパクマンへのコメントというのは
虚を突かれたといいますか、
うれしはずかしな気分であります。
それにしてもCMの「ぱく」とは懐かしいですね。
今でも声を思い出せそうです。
自分のは白でしたけど緑とかいいなと思ってました。
それからトミーの物は本当にそうでしたね。
本家お墨付きで見た目も格好いいんだけど
内容がね・・・というギャップが印象的でした。
右からしかドットを食べられないなんて
誰がゴーサインだしたんでしょう・・・。
ところでふと懐かしくなって調べていたら
海外サイトでトミー版のシミュレータを見つけ、
その再現度と恐るべき情熱に感服しました。
↓(こちら)
http://www.handheld.remakes.org/results.php?gamename=P
by どらお (2010-11-26 00:38) 

おかもろ(再)

 電子ゲームのシミュレータ、ぜひプレイしたいのですが、こちらにWindows環境がないのが残念です。海外ではバンダイのがパックモンスターの名前なのですね。海外でパックリ言われても通じないでしょうけど。
 パクパクマンはレスポンスが軽快だったのがヒットの要因でしょうね。極めるといくつかのルートを使い分けるだけの作業になってしまいますが、橋の下のフルーツを取り損ねていると、クリアせずに焦ってしまうことがよくありました。それも面白かったですね。
by おかもろ(再) (2010-11-26 09:05) 

どらお

おかもろ(再)さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
なんと、Windowsじゃないと遊べなかったんですね。
名前については
教育上良くない言葉と紛らわしいから
綴りがPACになったと聞いたように思うのですが、
あのサイトではPuckも混ざってて
本当のところはどうなんだろうと思ってしまいました。
そもそも元は食べる擬音からきたパックなのに
そんなもののない海外でも同じ名前
(類似作も同様)にしたのは
深く考えてなかったからかしら・・・。
そういえば
5年ほど前に出たミニゲーム(チェーンゲーム?)版
パックマンの発売元がエポック社で
何だか不思議な気分でした。
それから
橋の下はそうでしたね~。
ルートを決めてしまう前はよく引っかかってました。
by どらお (2010-11-26 16:34) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。