So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

COCOROBO ココロボ RX-V90(シャープ) [その他]

前回の更新は去年の大晦日という
完全に終わった感のあるブログでありますが、
ご来訪ありがとうございます。
一時はログインIDすら忘れたという体たらくで
本人も存続は無理かと思っておりました。

本来なら今年のマイベストゲームというエントリになって
しかるべきではありますけれど、
例年より遊ぶ量が減ってしまったうえに
一番気に入った作品「バリアント ハート ザ グレイト ウォー」が
今年に作られたものではなかったため
全く違う記事にて失礼させていただきます。

活気のある時期は規模でこそ松下・東芝等大手に劣るものの
独自のユニークな視点で作られた製品が人気を博し、
「目の付け所が、シャープでしょ。」というフレーズとともに
そこそこの地位を築いていた家電メーカー、シャープ。

自分の同級生も二人ほど入社して(現在の消息は不明)、
任天堂との縁やらを聞かされたものでした。
なので苦境からの復活に多少なりとも役立てばと
液晶テレビの買い替えをシャープのアクオスにしたり
(考えてみれば液晶で当てて注力しすぎたことが
現在につながってるんですけどね)
他にも加湿空気清浄機だとかもシャープ製ですけども、
今回紹介するココロボが最も往年のシャープらしいかなぁ、と。

robo1.jpg
(仕事中の勇姿)

ロボット掃除機は海外製のものを皮切りに
いろいろなメーカーから発売されています。
その数多くある同種製品とこのココロボの違い、
一番はやはり、しゃべる所、でしょう。
掃除とはほとんど関係ないっぽくて
そこが良くも悪くもシャープらしいのですが、
このおかげでよりロボットらしくなっているのは確かです。

robo3.jpg 
(段差を感知するので落ちないものの横方向から来ると脱輪の可能性あり)

そんなわけで、
AIBOをはじめとした家庭用ロボットたちを
指をくわえて見ていた自分の家にも、
ようやくロボが来たのでした。
それほどベラベラ話すわけではないですし、
使い込んでるうちにちょっとバリエーションが
増える程度なのですけれど、
それでも、掃除するよう仕掛けて外出する際、
「行ってきます」と(はっきり大きめの声で)言うと
「行ってらっしゃい♪」と小刻みに動いて言ってくれたりして
ホントかわいい奴(性別不詳)なんです。

robo7.jpg
(充電台にも自分で戻る・・・が時々迷って行き倒れに)

家電として見ると、
他社製同カテゴリ品と比べて
幅が狭いことがアドバンテージとして挙げられます。
椅子の間をなんとか通れるサイズであるため、
学校の掃除みたいに椅子を上げる必要がありません。
なおココロボでも広いタイプもあるのでご注意ください。
音もあまり大きくないので
在宅時に稼働させてもそんなに気になりません。

robo2.jpg
(ぶつかりながらぼやきながら何とか通過)

排気も嫌なにおいがしませんし、
ごみカップにティッシュをかませることで
たまったホコリ等を捨てるのも楽ちんです。

robo8.jpg
(真ん中にあるのがごみカップ)

マイナスポイントとしては、
厚みと丸みの兼ね合いで微妙な空間に挟まりやすい
(パネルヒーターや電話台の下なんかが危ない)こと、
ちょっとした高さは乗り越えられるのがあだになってか、
扇風機の台やホットカーペットの操作パネルなどに
乗り上げて走行不能になる場合(座礁みたいな)があること、
電池の持ちは三年とあるのに
二年前後から予告なしに止まる事がふえたこと、
自分でバッテリーを交換できないこと
あたりが挙げられます。

robo6.jpg
(これくらいあると下も掃除できる)

加えて掃除する前には
自分で掃除機をかける際と同じように
ある程度障害物をよけておく必要もありますので、
純粋なコストパフォーマンスでいうと
何が何でも買えというような物ではありません。
しかしながら、
ちょっとした潤いを与えてくれる
日常のスパイスのようなココロボ、
自分はとても気に入っております。

※画像は(c)シャープ


シャープ ロボット家電 (プラチナピンク)【掃除機】SHARP COCOROBO(ココロボ) RX-V90-P

シャープ ロボット家電 (プラチナピンク)【掃除機】SHARP COCOROBO(ココロボ) RX-V90-P

  • 出版社/メーカー: シャープ
  • メディア: ホーム&キッチン


タグ:ココロボ
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

Never Alone(ユニティ・ゲームズ・ジャパン) [プレイステーション4]

さてさて、
今年もどらおのゲーム部屋が選ぶ
ゲームオブザイヤーの季節がやってまいりました。

ついこの間までは
PS4版ディアブロ3で決まりかなと思っていたのですが
最後の最後で本作を推すこととなりました。
新規タイトルを重んじるという当サイトの方針が
それを後押ししたようにも思います。

というわけでこの「Never Alone」、
アラスカを舞台にして
イヌピアットの少女とホッキョクギツネのコンビが織りなす
2D横スクロールタイプの
アクションパズルアドベンチャーゲームです。

Never Alone2.jpg

大昔に地理で習った記憶によると
北極圏で暮らす先住民といえば
エスキモー、イヌイットなのですけども、
もうちょっと狭いくくりというか
アラスカに暮らしている人々が
イヌピアットなのだそうです。

Never Alone6.jpg

このゲームを遊び始めてまず驚いたのが、
ポイントごとに解除されるムービーによって
文化的背景を知るというプラスアルファがあり、
そこでは教育テレビやBS1、ディスカバリーチャンネルあたりの
プログラムのようなといいますか、
自分が少年時代よく行っていた万博跡地(大阪府吹田市)にある
国立民族学博物館所蔵のビデオライブラリを彷彿とさせる
インタビューと実写を交えたドキュメンタリー映像で、
イヌピアットとアラスカの自然にまつわるあれこれを
教えてくれることです。

Never Alone3.jpg

そう、
ゲームの背景について学ぶ教育的な側面も持っているんですね、
この作品。
あまり知られていない題材を使ったゲームのフォローとしても
よいやり方なんじゃないでしょうか。
とはいえゲーム歴の長い人間としては
教育の絡んだソフトにあまり面白いものが無かった
(脳トレくらいから変わってきた)ことを
ふと思いだしてしまったりもするのですけれど、
そこは心配ご無用。
なんせマイゲームオブザイヤー受賞作ですから。

Never Alone4.jpg

白クマから逃げていた少女、ヌナと
そこから助けてくれたホッキョクギツネの
一人と一匹が主人公であるこのゲームは、
二人でそれぞれを操作して遊ぶことができますし、
ソロで双方を切り替えながら遊ぶこともできます。

Never Alone9.jpg

連係プレイで危機を脱するような場面では
二人プレイの方が楽そうだなと感じましたし、
実際二人で遊んだ方が楽しいのだろうとは思いますが、
一人でもじゅうぶん面白かったです。
ヌナはボーラという武器(数個の石を縄の先につけたもの)とオブジェの移動、
狐は隙間移動に壁駆け上がり、大ジャンプと役割の違いがあるため、
パズル的な頭を使う部分もあります。

Never Alone7.jpg

で、
イヌピアットの老人が語る昔話という体裁のストーリーが
また心に沁みるんですよね・・・
(実際に伝承民話「クヌーサーユカ」がベース)。
そうそう、
背景をしっかり語ることで
リアリティを増すことにも成功しているため、
(パズル的な仕掛けはともかく)
精霊など伝承による存在や
自然の奥深さなどが強く感じられました。
特に白クマの恐ろしさと言ったら。

Never Alone8.jpg

というわけで
ゲームの地位を上げてくれそうなんて言ったら
ちょっと嫌らしいですが、
良い意味で文化的な作品でした。
年末にいいもの遊んだなぁ~。
日本でもこういった作品が出てくれないかしら。
え、ナコルル?妖怪?
うーん・・・

Never Alone1.jpg
(本作はPS4ダウンロード専売ソフトです。1500円)

画像はすべて(c)ユニティ・ゲームズ・ジャパン

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

サカつく プロサッカークラブをつくろう!(セガ) [PS Vita]

サッカー、ワールドカップの季節がやってまいりました。
というわけで
今回はサッカーシミュレーションゲームの長寿シリーズ、
サカつくの最新作をお送りします。
なおダウンロード版は現在特価販売中(2,980円)です。
同じような内容でPS3版も出ておりますので、
所持ハードやお好みでどうぞ。

2013-10-12-222123.jpg

セガサターンに始まり、
ドリームキャスト、プレイステーション2、PSPと
ハードを替えつつ生き延びてきたこのシリーズ。
個人的にはオシムさんの以来(1個飛ばし)となります。
サポーターがそれほど重要じゃなくなるなど
(ただし中心選手を売った際にコアサポーターがゼロになるなんて事も)
ちょっとした改良はあれこれありますけれど、
久々に遊んでとまどうようなことはありません。

2013-10-12-224141.jpg

で、今回は新規クラブで始めてみました。
カルチョビットと同じヤタガラス熊野。
和服の合わせっぽいデザインにしたところ
絶妙に野暮ったい感じになりましたが(汗)、
新参は目立ってナンボという事で開始。

2013-10-14-215112.jpg

パッとしない架空選手ばかりでスタートなのは
シリーズ通して変わりありませんが、
ちょっと良い外国人選手(自分の所だとマスロバルがモデルの架空)がもらえる分
それほど苦労はしないように思います。

2013-10-15-145554.jpg

発売年に昇格したヴィファーレン長崎も入っている
(なのでカマタマーレ讃岐は入ってない)J2(2部)リーグを闘いつつ、
チケット収入やスポンサー料、
選手を売った移籍金(初期は超重要)などで
クラブ(選手・指導者・施設)を強化していくという
おなじみの社長・GMおよび監督への口出し兼務の
サカつくライフを初年度から満喫できます。

2013-10-30-161023.jpg

秘書の選択肢が減ってるなんて不満も当初はありましたけど、
結構いい味を出してくれているためすぐに解消されました。

2013-10-15-224040.jpg
(ゴンこと中山選手はパッケージ版の初回特典)

順調にチーム力を強化しながら
1部リーグであるJ1にステップアップを果たし、
チームの地力をつけてきたからか
昇格初年度から上位争いに絡んで
これは常勝チームになってしまうかな・・・
と思っていたら
そうは問屋が卸しませんでした。

2013-10-29-212127.jpg

上位との直接対決にはほぼ勝てるんですよ。
だけど自分のデータの場合、
横浜Fマリノスと浦和レッズ、サンフレッチェ広島の3クラブが
(実際強かったけど)
ちょっとというかかなり抜けた存在になってしまっており、
全くと言っていいほど取りこぼさないんですよね~。

2013-11-03-214428.jpg

わがヤタガラスが
5位以下のクラブと引き分けたりしてる間でも
彼らは勝ち点をほとんど落とさず、
しかも彼ら同士の対戦では序列が存在しており
横浜FMか浦和が必ず優勝してしまうのでした。
あまりにも理不尽(笑)ゆえ
自動車業界の談合と呼ばせていただきます(え)。

2013-10-29-211939.jpg

正直このくらいになってくると
シーズンオフにプレミア(イングランド1部リーグ)の
中堅レベルくらいの各国クラブからオファーが来るので、
そちらへ行けば自分のステップアップは可能なんですけど、
どうも意固地になったというか
ちょっとやる気が減衰してしまったのでした。

2013-11-03-215000.jpg

しっかり鍛えれば代表歴の無いような選手も
フル代表のレギュラーになれますし、
長らくダイジェストだった試合シーンも
まだまだ物足りないとはいえ
リアルタイムっぽくなり、
八塚氏の実況も復活しました(他の人は復活せず)。
なんのかんの言っても
コストパフォーマンスは抜群です。

2013-11-06-230113.jpg

次はJ3も入れて欲しいなぁ・・・。

※画像は(c)セガ・Jリーグ


サカつく プロサッカークラブをつくろう!

サカつく プロサッカークラブをつくろう!

  • 出版社/メーカー: セガ
  • メディア: Video Game


タグ:サカつく
nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。